ここから本文です

イチロー引退にチチローも感無量「バスタオルが欲しいくらいだった」

3/23(土) 11:11配信

デイリースポーツ

 米大リーグ・マリナーズで引退を表明したイチロー元外野手(45)の父・鈴木宣之さん(76)が23日、愛知県豊山町で、28年間の現役生活を終えた息子にねぎらいの言葉を贈り、当日は号泣したことを明かした。

【写真】三歩下がって弓子夫人、イチロー「51」ゲートで出国

 宣之さんは妻の淑江さんらと共に東京ドームで息子の凱旋試合を観戦。万雷の拍手と歓声に包まれたイチローの最後の試合を同じ空間で共有した。あふれ出る涙をこらえきれなかったそうで「周囲をはばからず…ハンカチじゃおさまらないぐらい。バスタオルが欲しいぐらいだった」と、振り返った。

 親子鷹として幼少期からイチローを指導し、プロ入り後も球場に日参し『チチロー』というニックネームもついた宣之さん。「感情が腹の底から湧いてきて、少年時代からのことがワーッと思い浮かんできました。40年以上前から一緒にやってきて、ここまで来たかと」と共に過ごした年月を思い起こし感慨にふけった。引退は、試合前にイチローの妻・弓子さんから伝えられたという。

 日本で9年、米国で19年という現役生活を送った息子に贈ったのは「功成り名遂げて身退くは天の道」という老子のことば。息子の決断をしっかりと受け止め「自然体をいつまでも忘れないでほしい。これからは将来ある子どもたちのために尽力してほしい」と願った。

最終更新:3/24(日) 16:10
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事