ここから本文です

<松坂慶子>朝ドラ母親像逸脱し“もう一人のヒロイン”に 「まんぷく」ぶしむすの破壊力

3/24(日) 8:10配信

まんたんウェブ

 当初は自分本位な言動(主に萬平へのダメ出し)のため、「イラッとさせられる」といった意見も多かった鈴さんだが、何度も繰り返される「私は武士の娘です」のフレーズが視聴者もクセになったのか、今や“萬福夫婦”をもしのぐ人気キャラへと成長。朝ドラといえば、ヒロインの友人やライバルが、“第2のヒロイン”“もう一人のヒロイン”“影のヒロイン”などと言われることも多いが、気がつけば鈴さんは、そのポジションにもすっぽりと収まってしまった。いやはや恐るべし、「ぶしむすの破壊力」である。

 もちろん、福田靖さんの巧みな脚本、松坂さんの好演があってこそ。特に松坂さんの上品さ、チャーミングさ、見事なコメディエンヌぶりは、福田さんが作り上げた鈴さんのキャラクターをより輝かせたと言っても過言ではないだろう。

 そんな松坂さんは以前、鈴さんについて「みんな鈴さんの中に『自分のお母さん』を見ているような感じになるのでしょうね」と語っていた。決してステレオタイプではないかもしれないが、間違いなく「愛すべき母」と言える鈴さんに会えるのも、あと少し。「まんぷく」を最後までどうかお見逃しなく。

2/2ページ

最終更新:3/24(日) 8:10
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事