ここから本文です

<仮面ライダージオウ>“仮面ライダーブレイド”椿隆之降臨! “カリス”森本亮治、梶原ひかりも

3/24(日) 9:30配信

まんたんウェブ

 特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズの最新作「仮面ライダージオウ」に、2004~05年に放送された「仮面ライダー剣(ブレイド)」で、剣崎一真(仮面ライダーブレイド)を演じた椿隆之さん、相川始(仮面ライダーカリス)を演じた森本亮治さん、栗原天音を演じた梶原ひかりさんが出演することが24日、分かった。椿さんらは、31日放送の第29話、4月7日放送の第30話に出演する。

【写真特集】仮面ライダー剣がジオウに降臨 成長した天音ちゃんも!

 「仮面ライダージオウ」は、主人公・常磐ソウゴ(仮面ライダージオウ、奥野壮さん)が、これまでの「平成仮面ライダー」シリーズの仮面ライダーの力を使って戦う。第29話では、「仮面ライダー剣」に登場した喫茶店ハカランダが登場。天音(梶原さん)は、自分の前から姿を消した始(森本さん)を思いながら店で働いており、そんな天音の前に白ウォズが現れる。一方、アナザーブレイドと遭遇し、ジオウに変身したソウゴの前に始が割って入る。始はジオウの前で仮面ライダーカリスに変身し、ジオウに襲いかかる。さらにジオウとカリスの戦いに、今度は剣崎(椿さん)が乗り込んでくる……という展開。

 椿さんは「今回、『仮面ライダー剣(ブレイド)』から剣崎として『ジオウ』に参加できたことは、僕自身、すごくうれしく思っております。皆さんが期待してくれていたおかげで、こうして出演することができました。自分にとっても『仮面ライダー』は、いつまでもヒーロー。これからも皆さんのヒーローでいられるよう生きていきます! それでは、どう運命は切り開くのか、お楽しみに!」とコメントを寄せている。

 「仮面ライダージオウ」は、00年にスタートした「仮面ライダークウガ」から続く「平成仮面ライダー」シリーズの20作目の記念作で、最後の平成仮面ライダーとなる。主人公は、時空を旅して、歴代平成仮面ライダーたちと出会いながら、過去、現在、未来、あらゆる時を救おうとする。

 これまで「仮面ライダー」シリーズからは、「仮面ライダービルド」の桐生戦兎(仮面ライダービルド)役の犬飼貴丈さん、「仮面ライダーエグゼイド」の宝生永夢(仮面ライダーエグゼイド)役の飯島寛騎さん、「仮面ライダー555(ファイズ)」の乾巧(仮面ライダーファイズ)役の半田健人さん、「仮面ライダーオーズ/OOO」の火野映司(仮面ライダーオーズ)役の渡部秀さん、「仮面ライダー鎧武/ガイム」の葛葉紘汰(仮面ライダー鎧武)役の佐野岳さん、「仮面ライダーゴースト」の天空寺タケル(仮面ライダーゴースト)役の西銘駿さん、「仮面ライダーディケイド」の門矢士(仮面ライダーディケイド)役の井上正大さん、「仮面ライダー龍騎」の城戸真司(仮面ライダー龍騎)役の須賀貴匡さんらが出演した。「仮面ライダーディケイド」の海東大樹(仮面ライダーディエンド)役の戸谷公人さんが出演することも発表されている。

1/2ページ

最終更新:3/24(日) 9:30
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事