ここから本文です

星稜エース奥川 甲子園で自己最速更新 4球目に151キロ

3/23(土) 15:46配信

デイリースポーツ

 「選抜高校野球・1回戦、星稜-履正社」(23日、甲子園球場)

 衝撃の甲子園再デビューだ。星稜のエース奥川恭伸投手(3年)が初戦屈指の好カードとなった履正社戦でいきなり自己最速を更新した。

【写真】出た自己最速!星稜・奥川、衝撃の151キロ

 初球148キロを投げると2球目に最速タイの150キロをマーク。さらに149キロをはさみ、その4球目に151キロを投げ込んだ。結果はファウルだったが、先頭打者を三振に打ち取ると、3番打者も三振に仕留め、いきなり2奪三振スタート。ネット裏に陣取った阪神、巨人らプロ野球のスカウト陣をうならせた。

最終更新:3/23(土) 17:11
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/20(月) 5:55

あなたにおすすめの記事