ここから本文です

伊藤あさひ、「人生が変わった」戦隊ヒーロー経て次なるステップへ

3/23(土) 8:00配信

オリコン

 世間を騒がす快盗からイタリア人御曹司の役に華麗なる転身――。先月まで放送された特撮ドラマ『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』(テレビ朝日)でルパンレッド・夜野魁利を演じた伊藤あさひ(19)が18日より配信スタートしているFOD(フジテレビ・オン・デマンド)の連続ドラマ『高嶺と花』でイタリア人の御曹司役に挑戦している。ORICON NEWSでは1年にも及ぶ『ルパパト』を卒業し、次なるステップに進む伊藤に動画インタビューを敢行。本作のみどころや『ルパパト』で学んだことなど語ってもらった。

【インタビュー動画】伊藤あさひのプライベートや素顔に迫る

■「ヒーローになれたことが自信に」“戦隊”を通して感じた成長
 
 トレードマークだった金髪も今ではすっかり落ち着いた黒髪となった。染め直す前は街なかでも気づかれることが多かったそう。「撮影帰りは髪をアイロンでぐるぐる巻きにしていたので帽子の隙間からも見えていて、それで気づかれていました」とうれしげに笑う。「あの作品で人生が変わった。本当にいろんな人に知ってもらえたので自分のなかで誇りです。子どもたちの憧れの存在、ヒーローになれたことが自信につながっています」。1年ほど前、『ルパパト』の宣伝でORICONに来社した際はまだ初々しかった彼だがどこか一皮むけた印象だ。
 
 『高嶺と花』は2014年12月より少女漫画雑誌『花とゆめ』(白泉社)にて連載されている師走ゆき氏による年の差・身分差ラブコメディー漫画を実写化。ハイスペックイケメン御曹司・高嶺(高杉真宙)と姉・緑の替え玉として変装した妹で10歳下の女子高生・野々村花(竹内愛紗)の恋を描く。 伊藤は高嶺の大学時代の友人であるイタリア人の美青年で、有名ブランドを手掛ける一族の御曹司のニコラ・ルチアーノを演じている。

 『ルパパト』で学んだことは今回の『高嶺と花』の撮影でも生きてきたといい、「カメラの前で振り切ってやる、度胸がついたなと思います。『ルパパト』がなかったらここまでカメラの前で自信を持って演じられたかな」。そして、「伝えたいことをちゃんと伝えられるようになった。『ルパパト』では信念を持って行動してきたというバックボーンのある役をやっていたので、役を通して自分のなかに芯ができたような気がします」と胸を張る。

 役設定では自分の実年齢より7歳上のイタリア人で御曹司…とあって「自分には要素がひとつもない」と戸惑う部分もあったそうだが「身振り手振りは大きく、大胆に。自分のなかでも殻を破ったというか、演技の幅が広がりました。原作の身振り手振りや仕草や目を研究させていただいてから撮影に挑みました」と自分なりにどんどんチャレンジしていった。

 モテモテなルチアーノの“顎クイ”など胸キュンな言動も彼にとっては初の試み。「少女漫画原作にも興味があったのでできてよかった。この役だったら全然照れなかったです。役になりきっちゃえば、段取りとかでは正直照れてしまったけど、モニターのところから笑いが聞こえて(笑)。監督には女の子全員を落とすつもりで…と言われました(笑)」と振り切った演技にも注目してほしい。

1/2ページ

最終更新:3/24(日) 16:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事