ここから本文です

「青春ストーリーを、大人が勝手に作っている」坊主文化や球数制限で慶應高の監督が指摘

3/23(土) 9:42配信

ハフポスト日本版

親のお茶当番、長い拘束時間で野球離れ

新潟高野連の決断は、野球をやる子が減っているのも背景にあると思います。高校野球より手前の小・中学校の段階で酷使され、断念せざるを得なくなるという故障リスクは、野球を選ぶ子どもや親にとって、とても大きな判断のポイントになっています。

それから、親のお茶当番や長い拘束時間もそうです。バスケやサッカーは預けて半日後に迎えに来ればいいけど、野球はなぜか、お茶当番などで保護者が残っていなきゃいけない。

いろんなものをひっくるめて、野球しようという子や、させようという保護者が減っているから、新潟もこのままじゃいけないと。高校野球だけでなく野球全体への提言のひとつとして、行動を起こしたのだと思うので、すごく意義は大きいですよね。

強豪校が有利になるなど賛否もありますが、大会トータルでの球数制限や、7イニング制にすればいいという話もあります。試合時間も短くなるし、ピッチャーの負担も減って、途中で無理な交代もない。案としてはおもしろいと思います。そういう議論を避け、目をつむってきたので、いろんなことを考えていかないといけません。

慶應が優勝したら、世の中が変わる

多くの人がイメージする「ザ・高校野球」があるとしたら、慶應は違うやり方にチャレンジして、野球自体の幅を広げたい。「こういう考え方もあります」と、他のチームや指導者、世間の人に提案する役割もあるのかなと思っています。坊主でないことも、その一つです。

「慶應が優勝したら世の中が相当変わる」と選手にも言っています。もちろん、選手はそのために頑張る必要はないですが、ちょっと大きなことを考えるのも面白いのではないかと思います。

高校野球や野球界だけにしか通用しない価値観やルール、あいさつの仕方を教えても教えても仕方がない。数年後には社会に出て、そこで活躍しないといけません。そのまま使えるような考え方を今のうちから伝えるのがすごく大事です。

体が丈夫で、多少のことは我慢できて、言われたことはやる。だけど、自分では考えられない。今まではそれでもよかったかもしれないけど、今の世の中は、自分の意見があって、アイデアを出せたり、他の人と違うことをしたりするのが求められています。高校野球が、それと真逆の人を育てる場になってはいけないと思います。

浜田理央 / ハフポスト日本版

4/4ページ

最終更新:3/23(土) 12:59
ハフポスト日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事