ここから本文です

自宅に火をつけ全焼させた疑いで75歳の男を逮捕 弟とのトラブルほのめかす 岡山

3/23(土) 18:14配信

KSB瀬戸内海放送

 22日夜、岡山県備前市で住宅が全焼し、この家に住んでいた男が放火の疑いで逮捕されました。

 自己所有非現住建造物等放火の疑いで逮捕されたのは、備前市東片上の無職、中村昭良容疑者(75)です。

 中村容疑者は22日午後10時45分ごろ、自宅の1階の床に灯油をまき、ライターで新聞紙に点火し放火した
疑いがもたれています。

 近所の人の通報を受けた消防がかけつけ、火は約1時間30分後に消し止められましたが、木造瓦葺2階建ての
住宅1棟約200平方メートルが全焼しました。

 現場近くにいた中村容疑者が、「自分が火をつけた」と言ったため調べを進め、逮捕しました。
 中村容疑者には現在老人ホームにいる弟がいて、先週まで一緒に住んでいました。

 警察によると中村容疑者は弟の部屋に火をつけたと言っていて、弟とトラブルがあったことをほのめかしているということです。
 警察が詳しい動機などについて調べています。

最終更新:3/25(月) 12:18
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事