ここから本文です

食用の卵からふ化「うずらのケイちゃん」はいま

3/23(土) 14:30配信

MBSニュース

スーパーで売られていた卵からかえったうずらのケイちゃん。ふ化に成功したのは、兵庫県姫路市に住む白根璃久君。MBSでは3年前と2年前の2度、取材しました。当時は小学6年。もうすぐ、中学3年になる璃久君と2歳になったケイちゃんは今、どうしているのでしょうか。西靖アナウンサーが訪ねました。

璃久君と「うずらのケイちゃん」はいま

(西アナ)「ご無沙汰しています、お久しぶりです」

白根家全員が西アナウンサーを出迎えてくれました。そして、ケイちゃんはというと…

(西アナ)「あ~、久しぶり!え、ケイちゃんも元気?」
(璃久君)「元気です。2歳半ぐらいです」
(西アナ)「僕が前に来たときと比べたら大きくなってる?変わってないよね?」
(璃久君)「ほとんど変わってない」
(西アナ)「それより璃久君が大きくなってない?」
(璃久君)「ほんと、ちょっとしか伸びてないです。周りの子ぐんぐん伸びてるんですけど、僕が下がってるんじゃないかと…」
(西アナ)「いや、下がってはいない」

今は元気だというケイちゃんですが、実はこの2年の間にいろいろあったそうで…

(璃久君)「えっと…太りすぎてまして。エサをやりすぎてて、基本的にあんまり運動できないじゃないですか、ケージの中で飼ってるんで」
(父・仁志さん)「マタずれじゃなくて、腹ずれみたいになって」
(璃久君)「獣医さんに持っていったら『重い』って一言。うずらをさすがに周りに飼っている人いないじゃないですか。自分達もどうしたらいいかわからないので、とりあえず(エサが)なくなったらあげようっていうふうにしてたんです」

ケイちゃんのダイエット

そこから、ケイちゃんのダイエット作戦を開始。璃久君がエサの量をはじめ、生活を規則正しく管理し、最高で300グラムだった体重を約3か月で標準体重の179グラムに戻りました。

(璃久君)「基本的に朝起きたら、まずシーツを替える。エサをあげる。ケージを水で洗ったりとか、ケイの身の回りのことはやってますね」
(西アナ)「ちょっとケイちゃんの面倒見るの億劫やなとか面倒くさいなぁとか思ったりしたことはありますか?」
(璃久君)「た、たまに…。ないって言いたいんですけど」

1/2ページ

最終更新:3/26(火) 13:47
MBSニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事