ここから本文です

1800人以上の若者を調査! アメリカのティーンが今、実際に買っているブランド トップ15

3/23(土) 20:11配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

アメリカでは、ジェネレーションZが小売業界の大きな注目を集めている。

Business Insiderでは1月11日から14日にかけて、13歳~21歳のアメリカ人を対象に彼らの消費行動を調査。1884人から回答を得た。

【全写真を見る】1800人以上の若者を調査! アメリカのティーンが今、実際に買っているブランド トップ15

調査の中で、我々はここ6カ月以内に買い物をしたアパレルブランドについて尋ねた。選択肢として挙げた29のブランドは、全米小売業協会(NRF)の小売業ランキング トップ100と、パイパー・ジャフレーの最新の10代の消費行動調査を参考にした。

今、アメリカのティーンが最も買い物をしているブランドとは? ランキングで見ていこう。

15位 ギャップ(Gap)

14位 ルー21(Rue 21)

13位 トミー ヒルフィガー(Tommy Hilfiger)

12位 アンダーアーマー(Under Armour)

11位 コンバース(Converse)

10位 ホリスター(Hollister)

9位 アメリカンイーグル(American Eagle)

8位 カルバン・クライン(Calvin Klein)

7位 H&M

6位 ビクトリアズ・シークレット(Victoria’s Secret)

5位 オールド・ネイビー(Old Navy)

4位 ヴァンズ(Vans)

3位 アディダス(Adidas)

2位 フォーエバー21(Forever 21)

1位 ナイキ(Nike)

[原文:These are the brands that Gen Z shops at most, according to a survey of more than 1,800 young Americans]

(翻訳、編集:山口佳美)

最終更新:3/23(土) 20:11
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事