ここから本文です

NGT48暴行事件 第三者委報告を説明(全文9完)終わり次第、ツイートを見て考える

3/23(土) 12:35配信

THE PAGE

 新潟市を拠点とするアイドルグループ、NGT48の山口真帆さんへの暴行事件で、NGT48を運営するAKSは22日午後、会見を開き、第三者委員会の調査報告書について説明した。

【動画】NGT48山口真帆さん暴行事件 第三者委の調査報告書を説明

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【動画】NGT48山口真帆さん暴行事件 第三者委の調査報告書を説明」に対応しております。

     ◇     ◇

報告書を一部肯定し、一部否定するのはダブルスタンダードではないか

朝日新聞:いや、ありがとうございますというか、この報告書、つまり受け止めが、一部に関して、つまり山口さんへの具体的に行われた暴行の事実に関しては報告書に書いてあることですというふうに踏まえる一方で、冒頭でもあったように、新潟という活動拠点の特殊性という部分に関しては、ある種、報告書の内容を一部そうじゃないというふうに否定する発言があったわけじゃないですか。これを運営側としては100%そうですというふうに受け止めるのか、あるいはそうじゃないのかっていう、そこもまだはっきりしないと思うんです、前提となる部分が。

松村:今、日にちが2月何日とおっしゃいました? すいません。

朝日新聞:日付ではなくて、新潟という特殊性という部分ですね。この第2の6番です。ここを冒頭の部分では、おわびとして、こういう書かれてるようなことまではわれわれ思ってないというようなニュアンスで、否定とわれわれ取ってるんですけども、その一方で、なんで関与がないと言い切れるのかという部分に関しては、ある種、調査報告書の中身にそのままのっとってるわけじゃないですか。一部では報告書の内容をそうですと肯定しながらも、一部ではそうじゃないと否定するっていうのはすごくダブルスタンダードじゃないかと思うんですけども。

松村:それに関しては本当に、先ほどから申し上げる証拠の問題かなっていうふうに考えておりますし、それと、この新潟の活動拠点の特殊性っていうことでいうと、これはもう先ほど申し上げたように、新潟がということよりNGTの体制としてわれわれが把握するのは、体制として、先ほど申し上げたウィークリーマンションにメンバーが住んでいたことだったりとか、あるいは降車場所、乗車場所っていうのがやはりちょっと限られているのは事実です。それに関してやはり意識が薄く、マネジャーやスタッフがそこに帯同していなかった。それはたぶんメンバーからもそういう指摘があったのだと思いますが、それに関してある種の放置が行われていたとかっていうことを申し上げたく言ったつもりでございます。

朝日新聞:つまり、確かに降りる場所、バスで降りる場所っていうのは分かるんですけども、いくらそういう対策をしても、仮に中から、つまりメンバーや、あるいは親しいスタッフからそうした情報が漏らされてしまっては、また同じことの繰り返しになるんじゃないかっていうのをたぶん多くのファン、危惧してると思うんですね。

 そこについて、詳細が分からないのに関与していないと断言できるっていうのは、先ほど捜査情報がっていう話もあったと思うんですけど、捜査がという。再発防止策というのは基本的に刑事処分とまた別問題で、真摯にこちらの運営側が捜査の結果とは別に取り組むべきことなんじゃないかと思うんですが、仮にまだそれが十分分からないのであれば、この調査報告書自体が、今、出すのにはちょっと時期尚早だったんじゃないかというふうに考えるんですけども、あらためてまた調査をやり直すっていう考えはないですか。

松村:それはございません。

朝日新聞:調査はしない。

松村:はい。調査っていうか、引き続き、これも本当にまた同じ話かというふうにご指摘を受けるかもしれませんけれど、今後はもうメンバー、スタッフとの話をしっかりとやっていくことで一歩ずつ前に進んでいくしかないというふうに考えております。ご指摘はしっかりと受け止めて、それを進めていけたらなというふうに思います。

朝日新聞:山口さんとはどうですか。

松村:も同じかなというふうに思います。私はこのツイート、今、実際、この状況でこういうふうになっておりますから、私とではなくほかの、私だけが彼女と向き合っているわけではないですし、ほかのスタッフが向き合ってもおりますので、それも引き続き継続してまいりたいというふうに思っております。

朝日新聞:話し合いをしても結果的に山口さんが納得できない、どうしても納得できないっていうことも当然、想像できるとは思うんですが、そうした場合にもあらためて第三者委員会で調査をやり直すっていうことはないですか。

松村:仮定の話であるので、それについては大変申し訳ないんですがお答えはできないのかなというふうに思います

朝日新聞:分かりました、ありがとうございます。

司会:そのほかいかがでしょうか。

松村:じゃあ。

1/5ページ

最終更新:3/23(土) 12:35
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事