ここから本文です

「俺は絶対に甲子園に行く」全国の球児へエール!堤真一×柳楽優弥『泣くな赤鬼』特別映像が到着

3/23(土) 9:00配信

Movie Walker

「ビタミンF」「とんび」「流星ワゴン」など多数の著書が映像化されている直木賞作家の重松清。その著者の短編集「せんせい。」に収められている同名短編を映画化した『泣くな赤鬼』が6月14日(金)より全国公開となる。本日、第91回選抜高等学校野球大会の開催を記念して、全国の高校球児にエールを送るスペシャルカット付き特別映像が解禁となった。

【動画を見る】赤鬼先生の“喝”で試合前に気合を入れよう!『泣くな赤鬼』より特別映像が解禁

城南工業高校野球部で監督をする小渕隆は、陽に焼けた赤い顔と熱血指導から “赤鬼先生”と呼ばれていた。10年の月日が流れたある日、病院で診察を受けた小渕は、かつての教え子で“ゴルゴ”の愛称で親しまれた斎藤智之と偶然再会する。ゴルゴは非凡な野球センスがありながら、高校を中退した生徒であったが、いまでは、妻と息子がいる幸せな家庭を築いていた。だが、そのゴルゴが末期がんで余命半年であることを知る。厳しさでしか教え子に向き合えなかったあの頃の後悔を払拭するように、赤鬼先生は、ゴルゴのためになにができるのかを考える…。

このたび公開された特別映像は、堤真一演じる“赤鬼先生”が、部員たちの前で「俺は絶対に甲子園に行く。いくぞ!」と気合を入れ、部員たちも全員が声を張り上げ入魂するなど、野球へ情熱が本作に注がれていることが感じ取れ、球児に気合が入るシーンとなっている。

ゴルゴこと斎藤智之役に柳楽優弥や、ゴルゴの妻、雪乃役に川栄李奈。さらに、麻生祐未、キムラ緑子、竜星涼ら豪華キャストが集結した本作。かつて野球に熱中した人、そしていまも野球に熱中している人ならきっと涙が止まらないはず。公開を楽しみに待ちたい!

(Movie Walker・文/編集部)

最終更新:3/23(土) 9:00
Movie Walker

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事