ここから本文です

イチローの凄さどこに? WBCで共闘した松中信彦氏語る「毎回ほぼ同じ時間に…」

3/23(土) 18:26配信

Full-Count

同じ1973年生まれで第1回WBCメンバーだったイチローと松中氏

 21日に東京ドームで行われた「2019 MGM MLB 日本開幕戦」第2戦。アスレチックスとの試合を終えたあと、マリナーズのイチロー外野手は現役引退を表明した。日米通算4367安打を放ち、日本で9年、米国で19年、計28年間に及んだ現役生活に終止符を打った。

【写真】「最高にセクシー」…イチローがMLBで放った全3089安打の打球方向を示す分布図が美しい

 2006年。この年初めて行われた野球の世界一を競うワールドベースボールクラシック(WBC)。王貞治監督(現ソフトバンク球団会長)の下で、イチローとともに世界一を掴み取った1人が、元ソフトバンクで平成唯一の3冠王である松中信彦氏だ。

 イチローの引退表明から一夜明けた22日、松中氏は「Full-Count」の単独インタビューに応じ、同じ1973年生まれのレジェンドの引退について語った。

「野球を始めて、いつか現役引退というものは来る。50歳までやりたいと本人は言っていたし、その中で45歳というところで、結果が出ないというのは本人もすごく決断するにあたって大事だったと思う」。かつて世界一を目指して共に戦った盟友の決断について、こう思いを語り出した。

 イチローはアスレチックス戦後の会見で、引退を決意したのはスプリングトレーニング終盤だったことを明かしている。昨年5月にフロント入りし、その後はチームに同行して練習を続けていたものの、実戦からは離れていた。この期間が松中氏は大きかったと感じている。

「去年の5月から実戦をやっていないし、5月前からの感覚と、こうやってスプリングキャンプからなかなか結果が出ない中で、僕は身体というよりも目、動体視力の衰えがあったんじゃないかなと思います。これは王会長もずっと言ってきたことで、身体は元気でもボールが速く見えたりとか、私も最後のほうは2軍から1軍に上がってくると、あんなに見えていたボールが全く見えない、速く感じたりというのがあった。その辺はイチロー本人も感じていたんじゃないかなと思います」

「日本でやっていた練習試合とかを見ても、彼本来のバッティングじゃなかったですから。そういうところで身体は元気、肩とかは元気だけど、打撃というのは相手がいることなので、そういうところもあったのかなと思いました」

1/2ページ

最終更新:3/23(土) 22:37
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事