ここから本文です

【高校野球】星稜・奥川が151キロ17K完封 高松商・香川は13K、市和歌山サヨナラ勝ち…選抜第1日

3/23(土) 21:52配信

Full-Count

プロ注目の右腕奥川は自己最速を更新する151キロをマーク

 第91回選抜高校野球が23日、兵庫・西宮市の阪神甲子園球場で開幕した。大会1日目は開会式のあとに、1回戦3試合が行われ、市和歌山(和歌山)、高松商(香川)、星稜(石川)が2回戦に駒を進めた。

【表】本日第3試合でプロ注目の星稜・奥川は圧巻の奪三振ショーで強豪の履正社を撃破! 第91回選抜高校野球の組み合わせ一覧

◯市和歌山 3×-2 呉
 開幕戦となった公立校対決は延長11回の激戦の末に、市和歌山がサヨナラ勝ちした。市和歌山は初回、併殺の間に1点を先生すると、5回には緒方隆之介の左前適時打で追加点。呉は7回に池田駿の右前適時打で1点差とすると、9回には真田和弥のスクイズで同点に。試合は延長戦にもつれ込んだ。市和歌山は延長11回、ヒットと敵失などで2死二塁のチャンスを作ると、片山柊也が中前へサヨナラ適時打を放ち、激戦に終止符を打った。

◯高松商 8-0 春日部共栄
 高松商が関東大会準優勝の春日部共栄を圧倒した。3回に新居龍聖、飛倉爽汰、大塚慶汰の3連打で先制すると、5回には2死一、二塁からエースの香川卓摩が右前2点適時打で2点を追加。その後も着実点を重ねて点差を広げると、香川は序盤から三振の山を築き、4安打完封、13奪三振の快投だった。

◯星稜 3-0 履正社
 いきなり実現した優勝候補校同士の対決は、エース奥川恭伸投手が圧巻の17奪三振の好投で星稜が制した。初回に山瀬慎之助の適時打で先制すると、7回には知田爽汰の左前適時打で加点。奥川は初回からエンジン全開。いきなり自己最速を更新する151キロをマークするなど、序盤から三振の山を築いた。毎回の17奪三振で、圧巻の完封勝利を飾った。

Full-Count編集部

最終更新:3/23(土) 21:52
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/16(火) 11:05

あなたにおすすめの記事