ここから本文です

ブランパンGTアジア:女性ドライバーのクリスティーナ・ニールセンが参戦へ。メルセデスをドライブ

3/23(土) 7:08配信

オートスポーツweb

 4月6~7日にマレーシア・セパンで開幕する2019年のブランパンGTワールドチャレンジ・アジア(旧ブランパンGTシリーズ・アジア)に、女性ドライバーのクリスティーナ・ニールセンがフル参戦を表明した。

 ブランパンGTアジアに参戦を表明したニールセンは、IMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップで2016~17年にGTDクラスチャンピオンを獲得した経験を持つ27歳。彼女は今季からメルセデスAMG GT3にスイッチするクラフト・バンブー・レーシングに加入してシーズンを戦う。チームメイトはカナダ生まれの香港人ドライバー、ダリル・オーヤンだ。

 クラフト・バンブーは過去2シーズン、ポルシェを使ってシリーズに参戦してきたが、この2019年シーズンからメルセデスにスイッチ。メルセデスAMGのオフィシャル・パフォーマンスチームとして2台のAMG GT3を走らせる。

 2019年がブランパンGTアジア初挑戦となるニールセンは、デビュー戦に先立ち、チームとともにセパンでAMG GT3をドライブしたほか、3月28~30日に開催されるIGTCインターコンチネンタルGTチャレンジ第2戦カリフォルニア8時間でもAMG GT3をドライブする。

「国際的なモータースポーツの世界において、クラフト・バンブーの名前は広く知られている」とニールセン。

「これまで数多くの成功を収めてきたチームだし、先週セパンで行われたテストでは、最初からチームのプロフェッショナリズムを感じられた。素晴らしかったわ」

「チームはしっかりと組織化されていて、高いパフォーマンスを有しているチームだった」

「SROモータースポーツ・グループが運営するブランパンGTシリーズは、フォーマットとして素晴らしいし、接近したレースが展開しているから、オーヤンと一緒に戦うのが待ち遠しい。彼は強いドライバーで、新しい挑戦を始める私にとっては心強い応援になるはずよ」

「私を起用して信頼を示してくれたメルセデスAMGとクラフト・バンブーには心から感謝したい。レースが開幕するのを楽しみにしているわ」

 チームメイトを務めるオーヤンも「クリスティーナ(ニールセン)のようなハイレベルのドライバーを迎えられて光栄だ。それにマシンも走り出しから速さがあって驚いた。毎戦、優勝争いができると信じているし、王座を獲得してみせる」と期待感を示している。

[オートスポーツweb ]

最終更新:3/23(土) 7:08
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事