ここから本文です

レッドブル・ホンダのフェルスタッペン、表彰台獲得も冷静「喜ぶのは早い。真の序列はまだ分からない」

3/23(土) 8:09配信

オートスポーツweb

 マックス・フェルスタッペンは、レッドブル・ホンダのパッケージが持つポテンシャルについて評価を下せるようになるまでに少なくともあと2戦を走る必要があると述べている。

【関連写真】2019年F1第1戦オーストラリアGPで表彰台に立ったマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

 2019年からレッドブルはパワーユニット(PU/エンジン)をルノーからホンダに変更、その最初のレースとなるF1オーストラリアGPで、フェルスタッペンが3位表彰台を獲得した。

 王者メルセデスのチーム代表トト・ウォルフとルイス・ハミルトンは、2019年のレッドブル・ホンダは強敵になると発言した。しかしフェルスタッペンは、アルバートパークは特殊なサーキットであるとして、第3戦の中国GPを終えるまでは序列は分からないと、慎重な見方を示した。

「開幕戦オーストラリアで表彰台に立てたのはとてもポジティブなことだ。でもメルボルンは典型的なサーキットではないから、手放しでは喜べない」とフェルスタッペンは自身の公式サイトのインタビューにおいて語った。

「中国GPを終えるまでは、自分たちの真のポジションを知ることはできないだろう」

 フェルスタッペンはまた、次戦バーレーンは予測が難しいグランプリであり、走るのが楽しみだと語った。

「あのトラックを走るのは楽しい。ただ、昼から夜にコンディションが変化するなかでマシンバランスを追求するのは簡単ではない。そういう意味で、毎年興味深い週末になるんだ」

「予選が始まる時点では、自分たちのポジションを予測できない。プラクティスとは路面コンディションが違うから、完璧な準備をすることができないんだ」

「ミドルセクターはテクニカルで、バーレーンサーキットのなかでベストなパートだと思う。今年もいいレースになるといいね」

[オートスポーツweb ]

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事