ここから本文です

新リヤウイングの影響でスタートシグナルが見えず、後方グリッドはパニックに。FIAが解決策を検討中

3/23(土) 10:02配信

オートスポーツweb

 FIAは、2019年F1開幕戦オーストラリアGPでグリッド後方のドライバーが決勝スタート時にシグナルが見えなかったと訴えたことを受け、第2戦バーレーンに向けて対策を検討している。

【関連写真】スタート直後、ガスリーとクビサは接触

 20番グリッドについたウイリアムズのロバート・クビサは、前のマシンのリヤウイングに視界が遮られ、レーススタートを知らせるライトが見えず、「パニックに陥った」と述べている。

 F1レギュレーション変更により、2019年マシンのリヤウイングは、昨年よりも幅広くなり、高さもアップされている。その影響で後方グリッドからだとライトが見えなくなったと指摘されている。

 17番グリッドからスタートしたレッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは以下のようにコメントした。

「リヤウイングが大きくなった影響で、グリッド上でライトが見えなかった。そのため、周囲のマシンの動きに合わせて発進するしかなく、ポジションをいくつか落としてしまった」

 すべてのサーキットにおいてライトは同じ高さに設置されており、問題が再発する可能性は高い。そのためFIAは次戦バーレーンGPに向けて解決法を探っている。選択肢のひとつは、かつて導入していた策で、グリッド中間の位置に追加のライトを設置することであると考えられる。

[オートスポーツweb ]

最終更新:3/23(土) 10:04
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事