ここから本文です

内川OP戦打率3割超の裏にあるもの【タカ番記者の好球筆打】

3/24(日) 9:46配信 有料

西日本スポーツ

3回1死、右前打を放つ内川

 ◆オープン戦 ソフトバンク5-2広島(23日・ヤフオクドーム)

 打った本人は照れ笑いを浮かべていた。この日は今オープン戦10試合ぶりに主軸の一角、5番を任された内川だ。7回。先頭で打席に立つと、広島3番手中田の内角カットボールに詰まらされながらも左前にポトリと落ちる安打を放った。

 直後に代走が送られ、ベンチへ退いたが、少し不格好な安打に恥ずかしさもあったのだろう。下を向き、必死に笑いをこらえているようでもあった。ただ、これで今オープン戦打率は3割6分まで上昇。開幕前とはいえ、これだけ高打率が残るのは、精神衛生上、いいに決まっている。

 「手の方は、もうまったく問題ない」。13日の巨人戦で二塁へ滑り込んだ際、左手首を痛めた。翌14日に福岡市内の病院で検査を受け「左手首骨挫傷」と診断され、その後は4試合も欠場。戦列に戻ったのは21日の楽天戦からだった。

 期間にして約1週間休んだことになる。今年8月で37歳を迎えるベテランにとって、この時期に1週間も実戦から離れるのは多少のリスクを負うが、そこは2000本以上もの安打を重ねてきた実力者だ。「体」は休めても「頭」は常に“動かして”いた。 本文:1,057文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

西日本スポーツ

最終更新:3/24(日) 9:46
西日本スポーツ

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る