ここから本文です

紀平、羽生の4回転からヒント「お手本のようなジャンプ」

3/24(日) 14:07配信

デイリースポーツ

 フィギュアスケート世界選手権に出場した日本選手が24日、さいたまスーパーアリーナで取材に応じた。女子で日本勢最高の4位に入った紀平梨花(関大KFSC)は、前日の男子フリーの最終組を会場で観戦し「みんな最高の演技をできるようにと応援した。(ドキドキして)心がもたないんじゃないかと思った」と目を輝かせて語った。

【写真】ザギ&メド 練習着は大人な透け感のある黒 見事な生腹筋披露

 すでに練習を始めている4回転についても参考になることが多かった様子。「羽生選手の4回転はテレビで見て力が抜けているイメージだったけど、実際に見ても無駄な力が入らず、お手本のようなジャンプが何本も決まっていた。勉強になった」。来季は本格的にプログラムへの導入を目指すため「イメージを覚えておいて、練習で生かしたい」と話した。

 初出場の世界選手権では、武器であるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の成功は3本中、フリーの1本のみ。国際大会で今季初めて優勝を逃し、悔しい結果となったが「去年は私はがんばってもできないんじゃないかと自信をなくしたが、今年は自信をなくしていない」と言い、今は「オフに何をしようか。バレエもダンスもトレーニングもいろんなことをしたい」と課題の強化へ目を向けた。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事