ここから本文です

白鵬が15回目の全勝優勝 Vは42度目 鶴竜との横綱対決制す

3/24(日) 17:38配信

デイリースポーツ

 「大相撲春場所・千秋楽」(24日、エディオンアリーナ大阪)

 白鵬(宮城野)が鶴竜(井筒)との“横綱対決”を制して、42度目の優勝を果たした。全勝での優勝は昨年秋場所以来15回目となった。

 過去の対戦では40勝7敗も、直近の昨年秋場所では送り出しで敗れている白鵬は、立ち合いで攻め込まれ、ひやりとするシーンもあったが、そこから土俵中央でがっぷりと四つに組んでの力相撲を展開。右上手を下手に切り替えて前に出たがここも鶴竜に残されたが、鶴竜が前に出てきたところを、右の下手投げで勝負を決めた。

 しかし、白鵬は取組後、右の上腕を気にするそぶりを見せ、顔をゆがめていた。

 負ければ、先の取組で大栄翔(追手風)をはたき込みで破り、1敗を待った平幕逸ノ城(湊)との優勝決定戦に持ち込まれていた。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事