ここから本文です

「機内食車」用意! ANA、京急電車にCA乗せ機内食提供「ANA×KEIKYU 空の旅号」走る!

3/24(日) 17:31配信

乗りものニュース

ANAの羽田~ウィーン線開設を記念

乗りものニュース

 ANA(全日空)と京急電鉄が2019年3月23日(土)、川崎市内を走る京急大師線で貸切りイベント列車「ANA×KEIKYU 空の旅号」を運転しました。

【写真】京急電車の中でCAが提供した機内食

 2月17日(日)、ANAは東京(羽田)とオーストリアのウィーンを結ぶ路線を新規開設。これを記念したキャンペーンを京急とのコラボレーションで行っており、その一環として運転されたものです。30組60名が当選しました。

 列車は、4両のうち2両が「機内食車」。ANAが実際に羽田~ウィーン線で提供している機内食(ビジネスクラス)の一部が、京急電車のなかで参加者たちに提供されました。

 この「機内食車」は、「航空教室車」としても使用。「CA同士の打ち合わせから機内で搭乗客を迎えるまで」や「機内で急病人や非常事態が発生した場合の訓練」など、ANAの客室乗務員による「航空教室」も行われています。

 また4両のうち1両は「管弦楽団車」で、ANAフィルハーモニー管弦楽団が乗車。『ジプシー男爵入場行進曲』や『美しく青きドナウ』といった曲が演奏されました。なお、残りの1両はスタッフ用の車両です。

 この「ANA×KEIKYU 空の旅号」は、大師線の京急川崎~小島新田間を、1時間半かけて2往復(途中、京急川崎駅に30分停車)。ちなみに、乗車にあたって参加者へ渡されたのは、「乗車券」ではなく「搭乗券」。そこで指定された号車へ、参加者たちは“搭乗”しています。

乗りものニュース編集部

最終更新:3/24(日) 17:31
乗りものニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事