ここから本文です

NGT48山口真帆さんへの対応めぐりAKSへの不信感広がる 指原莉乃さん、矢神久美さんも

3/24(日) 12:01配信

BuzzFeed Japan

NGT48の山口真帆さんが自宅前で暴行を受けた事件について、運営するAKSが3月22日に第三者委員会の調査報告書に関する記者会見を開いたが、その内容に波紋が広がっている。

HKT48の指原莉乃さんは3月24日、フジテレビ系「ワイドナショー」に出演。会見を受けて、運営への不信感を語った。

22日の会見で、山口さんは同時並行してツイートを更新。AKSの会見内容と自身の見解に相違があることをツイートで反論した。運営側の説明に対し、被害者である山口さんがリアルタイムで異議を唱える異例の展開をたどった。

AKSへの不信感が広がる中、HKT48指原莉乃さんが3月24日放送の「ワイドナショー」に出演。記者会見への感想を述べた。

指原さんは「私も会見を見ていて、結局納得いかなくて。本人(山口さん)のツイートしているように…」「NGTのメンバーがどう思っているかわからないですが、私の周りは『なんでこうなっているんだろうね』と全員納得していない」と不信感を表明した。

その上で「これで解決したと会社が思ってはいけない。終わらせてはいけない。本人が納得するまで…」と訴えた。

指原さんは放送前日、Twitterで「自分の感じたこと思ったことをお話ししました」と投稿。

「メンバーの中にも何を呟いたらいいかわからない後輩がたくさんいると思います。それが一番悔しいです」「モヤモヤせずにみんなが、まほほんが、アイドルしてほしいです」と、山口さんをはじめ後輩たちを慮るコメントを綴っていた。

報告書は「暴行は事実」と認めたが…

公開された第三者委員会の報告書では、「部屋に入ってドアを閉めようとしたところ、被疑者らから顔面をつかむ暴行は事実だった」と認定した。

一方で、山口さんは「事件に関わっていたメンバーがいる」と訴えていたが、報告書ではメンバーが関与した事実は認められなかったと結論づけた。

その上で、NGT48のメンバー12人とファンとの間に「私的領域におけるつながりがあった」としている。こうした「つながり」について、AKSは「不適切」としながらも、組織運営に問題があったことを理由に、メンバーへの処分は行わない方針だ。

指原さんと同じく24日の「ワイドナショー」に出演した犬塚浩弁護士は、番組内で第三者委員会の報告内容について解説した。

犬塚弁護士は、「被疑者に対して、山口さんの個人情報をリークした人物がいるかいないかが大きなポイントだった」と指摘。その上で、「(第三者委員会は)被疑者から事情を聞くことができませんでした。そのために第三者委員会の結論は、(他のメンバーが)『関与した証拠はなかった』という結論になった」と説明した。

一方で、犬塚弁護士は「『証拠はなかった』という結論だったが、受け取り方によっては『関与していない』となってしまう。そうなると、山口さんが言っていることが違うという結論に受けとられてしまう。受けとり方を間違えないようにする必要がある」と指摘した。

1/3ページ

最終更新:3/24(日) 12:08
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事