ここから本文です

趣味が食べ歩き!という人にはうってつけの副業が誕生!

3/24(日) 20:00配信

ファイナンシャルフィールド

食べ歩き、飲み歩きが大好きな方は、飲食店で親しいオーナーからこんな話を聞いたりしませんか?「うちは夜だけしか営業していないけど、昼間空いていてもったいないんだよ。誰か昼間だけカレー屋さんでもやってくれないかなあ?その分の家賃が入るとすごい助かるんだけどなあ」

飲食店の経営はなかなかきびしいものです。空き時間にも収益が生まれればと願うのは当然のこと。しかし、そんなに都合よくカレー屋さんをやってくれる人が見つかるかどうかは未知数です。

オーナーからその話を聞いたあなたは「このデータベースに登録すればそんな人(昼間カレー屋をやりたい人)とマッチングしてくれるかもしれませんよ」といって、あるデータベースを紹介する副業があります。

その飲食店オーナーが登録し、カレー屋をやりたい人とうまくマッチングされれば、あなたに3万円が振り込まれるというものです。その仕組みはシェア店舗の物件情報サイト「よじげんスペース」を展開する株式会社よじげんの、「よじげんアンバサダー」というもので、同社に話を聞きました。

アンバサダーの名刺を作ってもらう

食べ歩き、飲み歩きが大好きな人、または飲食業界の営業マンなど飲食店に顔が広い人が向いているそうで、「よじげんアンバサダー」に登録するとプロモーションコードとプロモーションURL入りの名刺(orショップカード)を作ってもらえます。

その名刺を持ち歩き、もし知り合いの飲食店のオーナー“スナックフジキ”(仮名・以下店名・人名はフィクションです)から「店の空き時間を有効活用したいんだ」というような相談があったら、名刺を取り出して、「ここ(よじげんスペース)に物件を登録するといいですよ」といえば、基本的にそれだけでOK。

ただし、飲食店のオーナーはパソコンとかネットが苦手な人も多く「プロモーションURLかあ……」と固まるかもしれないので代わりに登録してあげるのもいいかもしれません。

空き時間を有効活用したいという物件を登録して、例えば「お昼は自分にカレー屋さんをやらせてください」という“太郎さん”とマッチングされ、契約が成立したら、代行した人(アンバサダー)には3万円が振り込まれるという仕組みです。

それだけでなく、物件を登録した“スナックフジキ”のオーナーにも3万円分のメリットがあり、両方得になるとのことです。

また、物件を持っている飲食店オーナーの側ではなく、「昼間の空き時間にカレー屋をやりたい人」の相談を受けたら、同じようにプロモーションコード入りの名刺を渡し、よじげんスペースに登録した上で、やはり無事物件が見つかってカレー屋を開けるように契約できた場合、アンバサダーのあなたには3万円が振り込まれ、その、「昼間の空き時間にカレー屋をやりたい人」にも初期費用から3万円分の割り引きがあります。

1/2ページ

最終更新:3/24(日) 20:00
ファイナンシャルフィールド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事