ここから本文です

手洗いしても縮まない! ニットの正しい洗い方

3/24(日) 21:41配信

ELLE ONLINE

平置きが難しい場合は、型崩れしないようにハンガーで干す方法も。 セーターを半分に折り、脇部分にハンガーを逆さにあてる。

両端を折って、ハンガーにかける。そうすれば型崩れや伸びの心配もなし!

乾いたら、お洗濯完了!

近年「水洗い洗濯」が注目される理由

エコロジー意識が高いヨーロッパでは、何でもかんでもクリーニングに出すのではなく、自宅でのお湯洗いが主流。その理由は、ドライクリーニングで使用する有機溶剤には、光化学オキシダントや発がん性物質が含まれているから。また、廃液ヘドロは産業廃棄物となり、燃やすことで大気汚染や土壌汚染の原因に。さらに乾燥工程で重油やガス等の化石燃料を大量使用するなど、環境負荷が大きい点が社会問題になっている。汚れが落ちやすいお湯を使って家で洗濯をする文化が浸透しているヨーロッパでは、汚れの種類に合わせて実にさまざまな洗剤が普及。短絡的にドライクリーニングに出すのではなく、必要に応じて使い分けることが、今の時代に求められている洗濯観なのかも。


■今回の講師
永井良房さん/石油系有機溶剤を一切使用しない、水洗いクリーニング専門のクリーニング店「Licue(リクエ)」の責任者。クリーニング業界約30年のベテランで、高知県に本山を構えるシミ抜きの流派「不入流(いらずりゅう)」に学ぶシミ抜きやテーラードプレスのプロフェッショナル。アパレルブランドや芸能界からの支持も厚く、全国各地でさまざまな講演を行う。

2/2ページ

最終更新:3/24(日) 21:41
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事