ここから本文です

レアルもデ・リフト争奪戦に参加、退団近づくヴァランの穴埋めに抜擢

3/24(日) 17:01配信

SPORT.es

ラファエル・ヴァラン退団の可能性が高くなってきたことからレアル・マドリーはアヤックスのDFマタイス・デ・リフトの獲得に関心を示している。

レアル・マドリーの同僚がヴァランの退団を確信

こうしてレアル・マドリーはFCバルセロナ、ユヴェントス、PSG、バイエルン・ミュンヘンとともにデ・リフト獲得合戦に加わることになる。

マドリーはヴァランのあけた穴をデ・リフトで補填しようとしている。監督ジダンはヴァランを高く評価しているが、マドリーはヴァランの退団を見越して一刻も早く後任を見つけようとしている。マドリーがデ・リフトにオファーする移籍金は7,000万ユーロ(約87億円)とみられている。

バルサはすでに何か月も前からデ・リフト獲得に着手していたためにマドリーより優勢である。会長ジョセップ・マリア・バルトメウは来週早々のアムステルダム訪問の機会にアヤックスとの交渉を進める予定である。

また会長だけではなく、バルサの強化部門も24日(日)よりオランダに飛び、ユーロ2020予選のオランダ対ドイツ戦でデ・リフトを観察する。

しかしバルサだけではなく、ユヴェントスといったその他の欧州強豪クラブもオランダに要人を送っている。来週、マドリーの関係者がオランダを訪れるなら、その目的はデ・リフトに他ならないだろう。

(文:SPORT)

SPORT

最終更新:3/24(日) 17:01
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事