ここから本文です

大阪・梅田でアニメ夏目友人帳展、人気シーンの体験も

3/24(日) 19:00配信

Lmaga.jp

漫画家・緑川ゆきの代表作『夏目友人帳』の企画展『アニメ 夏目友人帳展』が4月24日から、「大丸ミュージアム〈梅田〉」(大阪市北区)で開催される。

【写真】10周年記念で登場した、ニャンコ先生のグッズ

主人公・夏目貴志と妖(あやかし)たちとの不可思議な結びつきを描く同作のアニメは、10周年を超える人気シリーズ。そのなかでも印象的なのが、夏目の祖母が奪った妖の名前を1人ずつに返すシーンだ。今回、登場する『名を返す場所』コーナーでは、主人公同様にフッと息を吹きかけると、その様子が忠実に再現されるという。

ほかにも、掲載雑誌『月刊LaLa』の表紙や予告カット、映画『劇場版 夏目友人帳~うつせみに結ぶ~』の制作資料や、人気キャラクター・ニャンコ先生のコーナーなども楽しめる。音声ガイド(700円)は、夏目役の神谷浩史と、ニャンコ先生・班役の井上和彦が担当。期間は5月6日まで、一般1300円(前売料金あり)ほか。

最終更新:3/27(水) 21:22
Lmaga.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事