ここから本文です

学問に精進「幸せ」 熊本大卒業式

3/25(月) 21:38配信

熊本日日新聞

 熊本大の卒業式が25日、熊本市中央区の県立劇場であり、大学院生らを含む2443人が恩師や家族、友人らへの感謝を胸に、社会に羽ばたいた。

 原田信志学長が学位記と修了証を手渡し、「大学で学んだことに誇りと自信を持って、これからの人生を力強く歩んでほしい」と式辞。卒業生代表の須崎彩さん(22)=法学部=が2016年4月の熊本地震に触れ、「学問に精進できる幸せを感じ続けた4年間だった。学んだことを生かし、託された使命を果たせるよう努力する」と誓った。

 着物やスーツ姿の卒業生は式後、後輩から胴上げされたり、花束を受け取ったりして別れを惜しんだ。

 卒業・修了生の内訳は学部1745人、大学院625人、教職大学院12人、法科大学院3人、専攻科・別科58人。就職を希望する学部生912人のうち、888人(22日現在)が内定した。(隅川俊彦)

最終更新:3/25(月) 21:38
熊本日日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事