ここから本文です

ゲート前、500人(主催者発表)が抗議の声 新たな土砂投入通知に怒りのシュプレヒコール

3/25(月) 11:44配信

琉球新報

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、政府が新たな埋め立て区域への土砂投入に着手すると県に通知した25日午前、辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前には500人(主催者発表)が集まり、土砂投入への抗議の声を上げた。

 午前8時40分ごろ、市民らはゲート前に座り込み、集会が始まった。沖縄平和運動センターの山城博治議長は「政府は(県民投票で)示された多くの民意を工事でおとしめている。県民の意思を一顧だにしない政府にあらん限りの声を上げていこう」と呼び掛けた。
 市民たちはメインゲートから大浦湾が見渡せる「第3ゲート」まで行進した。「土砂投入をやめろ」などと訴えた。「第3ゲート」前でも集会を開き「政府は沖縄の声を聞け」「暴走内閣を許すな」などと作業船の浮かぶ海に向かってシュプレヒコールを挙げた。【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:3/25(月) 12:33
琉球新報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事