ここから本文です

「食糞民族」「在日一掃」…韓国人へのヘイト発言繰り返していた年金事務所長を更迭

3/25(月) 17:05配信

WoW!Korea

「属国根性の卑怯な食糞民族」、「在日一掃、新規入国拒否」といった韓国人に対する差別的なツイートで物議を醸していた日本年金機構の事務所長が更迭された。日本メディアなどが25日、報道した。

 報道によると、日本年金機構・世田谷年金事務所の葛西幸久所長はTwitter(ツイッター)アカウントにこうした内容の嫌韓文を繰り返し投稿していた。このほかにも彼は、日本の野党議員や知識人に対し「帰化議員」「鬼畜」などと発言した。

 これらの内容が伝わると、葛西氏は24日、「ヘイト発言について会社に報告した。深くお詫びするとともに、二度とおこなわないことを約束する」と謝罪。現在、一連の文章は削除されている。

 年金機構は葛西氏を機構本部の人事部付とする事実上の更迭人事を発表した。

 年金機構はまた「差別的な発言はあってはならない。極めて遺憾。同様の事案を繰り返さないよう再発防止、規範意識の向上に努める」と明らかにした。

 日本年金機構は先日、韓国の金浦空港で泥酔乱闘騒動を起こした課長級の人物が所属していた厚生労働省傘下の特殊法人である。

最終更新:3/25(月) 17:05
WoW!Korea

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事