ここから本文です

シンプルでオシャレ Spigenの新ブランド「LA MANON」発iPhone XSケースを試す

3/25(月) 18:30配信

ITmedia Mobile

 突然だが、皆さんは「『Spigen(シュピゲン)』のスマートフォンケース」と聞くと、どのようなイメージを思い浮かべるだろうか。「タフネス」「カッコいい」などなど、人それぞれだと思う。

【背面の衝撃吸収パターンはLA MANONブランドオリジナル】

 そんなSpigenが、新しいケースブランド「LA MANON(ラマノン)」を立ち上げた。いわく、「シンプルながらも、優雅で気品あふれる新たなスタイルを提案する」ブランドのようだ。3月22日現在、「iPhone XR」「iPhone XS Max」「iPhone X/XS」「Galaxy S10」(日本未発売)と「Galaxy S10+」(同)向けに同ブランドにケースが展開されている。

 今回、同ブランドのiPhone X/XS向けケース4種類を試す機会を得たので、簡単にご紹介したい。

(記事中の価格は全て税込)

LA MANON CLASSY

 「LA MANON CLASSY(クラッシー)」は、背面にストライプが入ったシンプルなケース。プレミアムTPU(熱可塑性ポリウレタン)製で、Spigenケースではおなじみ感もある「MIL-STD 810G-516.6(MIL規格)」に準拠した耐衝撃性能も備えている。カラーはブラックのみで、標準販売価格は2890円。

 柔軟性のある素材を使っているので、ケースの着脱は容易。ストライプには外部の衝撃を逃がす効果と、手に持った際のホールド感を高める効果を持たせている。

 Lightning端子やスピーカーの周囲、ボリュームスイッチ部分はしっかりと切り抜かれており、キー部分には押しやすいボタンが設けられている。

 衝撃吸収の面では、ケース四隅に設けられた「エアクッション」や「衝撃吸収パターン」といったSpigenケースではおなじみの要素も見受けられる。ただし、パターンは従来の「スパイダーパターン」ではなく、LA MANONブランド専用パターン。「カッコいい」よりも「オシャレ」という印象だ。

1/2ページ

最終更新:3/25(月) 18:30
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事