ここから本文です

雑草で飢えしのぐ、絶望の生活救った制度

3/25(月) 11:39配信

福井新聞ONLINE

 2018年5月、福井県内の60代男性が自宅近くの店舗で倒れ、救急搬送された。公園の水道水と雑草で飢えをしのぐ暮らしが続き、栄養失調になっていた。「もうどうなってもいいと思っていた」。絶望の人生に光を見い出せたのは、市町の「生活困窮者自立支援制度」があったから。支援を受けながら、やりがいのある仕事を見つけ、「普通の生活」を取り戻すための一歩を踏み出した。

 県内の定時制高校を22歳で卒業後、職を転々とした。建築工事会社での勤務は「現場仕事が性に合って」長く続いた。だが、代替わりした経営者とそりが合わず、うつ状態に。熱中症やけがで入院が重なり、「気力を失った」。50代前半で退職した。

 父と弟を早くに亡くし、一軒家で母と2人暮らしだった。「生きてるのがすぐ嫌になるタイプだった。けど、母親がいる限りは我慢できた」。11年春、その母が自宅の風呂場で亡くなった姿を目の当たりにした。心臓まひだった。

 「それがトラウマになってるんかな」。再びうつ状態になり、「先のことを考えられなくなった」。再就職した会社も辞め、親の遺産や貯金で暮らし始めた。「全く誰も自分のことを知らないところに行きたい」。県外に一人で行って1週間ほど滞在し、また福井に戻る。その繰り返しを2年ほど続けた。「計画性がなくて、お金はいくら使ったか分からん。たぶん数百万」。自暴自棄になっていた。

 蓄えが底を突いた。電気や水道は料金不払いで止められた。飲み水は近くの公園に頼った。摘んできた雑草をアルミホイルに載せ、ろうそくの火であぶって食べた。18年2月の大雪で雑草が覆われると「もう食べることさえ嫌になった。どうでもよくなった」

 「せめて最後に何か食べよう」と5月に入った店舗内で、力尽きて立ち上がれなくなった。店員が呼んだ救急車で運ばれた病院で、生活困窮者自立支援制度を知った。

 生活保護の申請も視野に入れながら、米やサバ缶など週数千円分の緊急食糧援助を受け、少しずつ体力を回復。支援員の訪問を何度も受け、相談に乗ってもらううち、「元の生活に戻る望みが見えてきた」。7月には付き添いを受けながらハローワークに通えるようになり、「生き物相手の仕事を」と選んだ農業関連会社のパート勤務が10月に決まった。

 「毎日が楽しくなった。今があるのは支援のおかげ」。月8万円余りの給料を浪費しないように、次は家計管理の支援を受ける予定だ。水道はまだ止まっていて、トイレは近くのスーパーで買い物ついでに済ませている。「まだ50~60%ぐらい前向きになったばかり。時間はかかるかもしれないけれど、もう一度生活を建て直したい」

福井新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事