ここから本文です

6団体と奏でる迫力のサウンド 専大北上高吹奏楽部【岩手】

3/25(月) 9:35配信

岩手日日新聞社

 専大北上高校吹奏楽部の第23回ジョイントコンサートは24日、北上市文化交流センターさくらホールで開かれ、部員たちは一関学院高吹奏楽部など6団体との合同で迫力のサウンドを響かせた。

 卒業生との共演の機会として始まり、交流のある吹奏楽部、専大北上高卒業生が所属・指導する団体なども巻き込んで毎年開催。今回は▽専大北上高OB、OG▽高田、盛岡白百合学園両高吹奏楽部▽マーチングバンド「BELLWETHERS」▽NPO法人フォルダテーマパークダンス教室受講生―も出演した。

 藤原純花部長(2年)はあいさつで「他校との合同練習や顧問からの指導がとても良い刺激になった。多人数での演奏で厚みのあるサウンドを楽しんもらいたい」と来場者に呼び掛けた。

 ステージは5部構成。合同演奏は70人以上でマーチ「エイプリル・リーフ」、行進曲「春」などを披露。専大北上高ならではのマーチングバンドを「BELLWETHERS」と合同で披露する場面もあり、会場からは大きな拍手が送られた。

最終更新:3/25(月) 9:35
岩手日日新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ