ここから本文です

イケメン・高収入・高学歴…だけどヤバい「隠れダメ男」にご用心!

3/25(月) 12:11配信

TOKYO FM+

一見まともに見えますが、実はダメ男だったっていう人、いますよね。たとえば、自覚のない嘘つきだったり、ふとした日常の言動でまわりの人の不安を煽ったり。「あれ!? この人、ちょっと変わっているかも……」と気づいた瞬間、予想外のダメさがボロボロと発覚するタイプの男性。あなたの周囲にもそんな「隠れダメ男」がいませんか? TOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」今回の放送では、パーソナリティをつとめる、たかみなが、「私が遭遇した『隠れダメ男』エピソード」について答えてくれました。

【写真を見る】パーソナリティのたかみな

「隠れダメ男」との遭遇体験、まずは元彼ネタからいきましょう!

「10代の頃に少しだけつきあっていた彼の口癖は、『俺って最低だよな』。悲しげに微笑む彼のミステリアスな部分に惹かれてしまったのですが、そのうちに言動が変な方向に。『俺、不治の病なんだ』『俺、実はスパイなんだ』……。10数年後、彼はフツーに実家の飲食店を継いでいると風の噂で聞きました。顔がカッコよかっただけに、いろいろと残念な人でした」(30代・女性)

不治の病、スパイ……ミステリアスな自分を演出していたのでしょうか。その正体は、実家の飲食店を継ぐ孝行息子。純粋にドラマチックな人生に憧れていただけ、と思いたいですね。

今回、たかみなが注目したのが、このエピソードです。

「隠れダメ男、それは元婚約者です。実家の財産や土地の話も、一流大学院卒の話も、世界的なビッグ・プロジェクトを進めている話も、全部ウソでした。家族や仕事仲間に会わせてくれないのは変だとは思っていたけど、それをカバーするぐらい話術が巧みだったので、すっかり信じてしまいました。けっきょく、私が問い詰めてウソがバレたんですけどね。彼いわく『悪気はなかった』そうです。なぜ、バレるようなウソをつくんだろう……」(40代・女性)

たかみなは「ここまで嘘をつけるのすごいです。スパイみたいな感じですけど……」とコメント。これは一歩間違えれば、ヤバいやつですよね。恋愛関係ならまだしも、仕事とかでこれは完全にアウトですよ。え? 恋愛でもアウト? ……そうでした。

「隠れダメ男は、うちの父です。外では大企業の看板を背負う役員としてエラそうな顔をしてますが、家では、小学生並みの駄洒落を連発するオッサンです。高校生や大学生の娘に向って、『布団が吹っ飛んだ!』とか唐突に言うんですよ。しかも、笑わないと一日中拗ねる。あんな顔、部下に見せたら威厳ガタ落ちだろうなあ」(20代・女性)

二面性という意味では、家と外、他人と家族に全く違う顔を見せる人はいますよね。決まって、プライベートな顔のほうがダメだという……。

「近所のシェフですかね。ママ友とよくランチをする店のシュッとしたシェフが人気者なんですが、実は彼は無類の酒好き。休憩時間に、昼間から近所のスーパーの駐車場でカップ酒を隠れるように飲んでいるのを、みんなに何度も目撃されています。イケメンで爽やかなイメージから一転、最近はちょっと怖い人になりました」(40代・女性)

どこかに闇が見え隠れする人たちがどんどん出てきますね。一見、わからないのが怖いです。

「最近、他部署から移動してきた隣りの席の男性が、ときどき怖いんです。PCに向かうと、まわりに聞こえないくらいの声でブツブツ何かを言いはじめ、貧乏ゆすりをはじめます。彼の正面に座っている同僚にそのことを伝えたところ、彼女も目が会った瞬間に舌打ちされたそうです。PCから離れると、彼は人が変わったように営業スマイルに戻ります(特に上司に)。今後がとても不安です」(30代・女性)

いやあ、内面に抱える闇が確実にあふれ出てきてますね。なぜPCが彼をそうさせるのでしょうか。次は、男性の目から見たダメ男も紹介しましょう。

「営業部にいる会社の先輩がすごく仕事ができる人で、尊敬していました。ある日2人で飲んだ後、終電を逃したので先輩の部屋に泊めてもらったんですが、そこで見たものに絶句……。山のようなカップラーメンやコンビニ食品のゴミ……。スーツ姿のときはビシッとしてるのに、部屋着は酸っぱい匂いを放つジャージ……。オンとオフの落差がありすぎだろって、マジで引きました」(20代・男性)

「見た目は日に焼けたマッチョで男らしい兄は、子どもの頃から大の虫嫌い。以前、彼女を連れて兄のアパートに遊びに行ったときに、タイミング悪くゴキブリが。その瞬間、俺の彼女を突き飛ばしてまで逃げ回った兄貴。その姿は、一生忘れない。もうガキじゃないんだからさ」(20代・男性)

「以前勤めていた会社の同僚に、けっこうオラついてるヤツがいたんですが、繁華街で酔っ払いに絡まれたとたん、速攻で逃げてた。隠れダメ男とはちょっと違うかもしれないけど、隠れヘタレ、みたいな感じですかね(笑)」(30代・男性)

汚部屋住人のやり手営業マン、虫を異常に怖がるマッチョ、オラついた隠れヘタレ……。でも、男性からの目線は、女性よりもなぜか優しい気がします。いずれもダメダメすぎですけどね!

文/ガンガーラ田津美
(TOKYO FM「高橋みなみの『これから、何する?』より」

最終更新:3/25(月) 12:11
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事