ここから本文です

日経平均1万7700円割れで日銀は債務超過に 株価急落や大幅な円安招く可能性も

3/25(月) 17:04配信

マネーの達人

皆さんはアベノミクス政策の3本の矢を覚えておられますか?

3本の矢の1つである大規模な金融緩和は2013年から始まり、黒田日銀総裁が就任してから6年たってもなお継続されています。

その政策の中心にあるのは、日銀による日本株式の購入です。

そして今年2月末の衆院財務金融委員会、黒田総裁がその日本株式(ETF)購入に関し注目すべき発言がありました。

日銀も企業と同じく決算がありますが、その採算株価はいったいいくらでしょうか?

今後の株価への影響と合わせ、検証してみます。

日銀のETF購入、その採算株価は?

日銀のETF購入は年間6兆円、累計24兆円にのぼり、日本の景気回復を支えるアベノミクス政策の大きな柱となっています。

就任してから6年がたち、世界景気の低迷も重なって日本も景気減速が意識されるようになった今、最大の投資家となっている日銀の採算株価に黒田総裁が答えました。

■日銀のETF購入政策はいつまで続く?
現在の日銀は個別銘柄の株式を直接購入するのではなく、ETFと呼ばれる上場株式投信を購入することで、間接的に上場企業の株主となっています。

政策の詳細は省きますが、2013年から5年連続で上昇し続ける株式相場では「含み益」が出ていました。

が、昨年2018年は初めて年間で下落しました。

今年10月に予定されている消費税増税による景気減速が収まるまでは政策を継続することが見込まれ、株式相場が下がっても買い続けることに疑問が投げかけられています。

■採算株価は「TOPIXで1350」
2月末の衆院財務金融委員会で、黒田総裁が立憲民主党末松義規氏の質問にこう答えました。

「TOPIX(東証株価指数)が1350ポイント程度を下回ると、時価が簿価(取得時の価格)を下回る計算になる」
「TOPIXが100ポイント下がるごとに含み益は1.6兆円減る」

3/8のTOPIX終値は1572.44、あと14%ほど下落すると採算株価となってしまう水準です。

日経平均でいうと、1万8400円付近。1万7700円を切ると、日銀が債務超過となってしまいます。

■通貨「円」の信頼性に影響

1/2ページ

最終更新:3/25(月) 17:04
マネーの達人

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事