ここから本文です

収入が欲しいレアルがセールを終了 移籍が噂される選手達の価格は?

3/25(月) 19:05配信

SPORT.es

レアル・マドリーの会長を務めるフロレンティーノ・ペレスは、サンティアゴ・ベルナベウを改装するための節約に失敗し、スポーツプロジェクトを再び行うために収入を必要としている。

ヴァランがレアル時代に終止符へ ユヴェントスが獲得熱望!

資金を温存するために、若手の至宝を獲得することに方向転換し、スタジアムの改装に取り組んだ。

しかしスポーツプロジェクトは、選手達の数人が好き勝手に移籍をしたことによって、時間切れとなり、現在は諦められた道のりの回復を要求するサポーターからのプレッシャーを感じている。

結果を生み出す選手達と共にチームを再建する必要があり、レアル・マドリーが将来のスター選手達を輩出する一つの学校であることは忘れなくてはならない。

会長フロレンティーノ・ペレスはここ数年、若手選手の獲得に従事しており、クリスティアーノ・ロナウド、ハメス・ロドリゲス、シャビ・アロンソ、そしてぺぺといった議論の余地のないレギュラークラスの選手達を放出し、チームを弱体化させていった。

ここ数年はマドリーの幹部は引き続き掘り出し物としてライバルチーム達にオファーを出していた。
だが、これは終わりを迎えたようであり、クラブ・ブランコは交渉を求めるクラブ達に、この安売りが終了したことを知らせている。

マドリーはヨーロッパのライバルチーム達と、この夏の移籍市場に頼って、退団を望んでいる選手達に対してメッセージを送っている。
それは、今のところ退団を表明しているヴァランやマルセロ、そしてベイルといった3選手や、マルセロ、イスコ、クロースの獲得を望んでいるクラブに向けてのメッセージである。
なぜなら、彼らが選手の獲得のために扉をノックした場合、この機会を有効活用するために、選手達の価格は急上昇するからである。

【移籍が噂される選手達】
■ヴァラン
ヴァランの契約解除金は2億ユーロ(約250億円)に設定されており、2022年までの契約を結んでいる。

■クロース
5億ユーロ(約620億円)の契約解除金が設定され、2022年までの契約を持つクロースを、マンチェスター・ユナイテッドが6,000万ユーロ(約75億円)で獲得しようとして、笑いを呼んでいる。

■ベイル
ベイルを譲ることもない。彼の価格は最低でも1億100万ユーロと言われているが、約1億2,000万ユーロ(150憶円)の収入が期待されている。

■コヴァチッチ
現在、チェルシーにレンタル移籍中のコヴァチッチ。チェルシーを含めて、5,000万ユーロ(約62億円)の移籍金が他クラブから出されれば、売り出される可能性は十分ある。


(文:SPORT)

最終更新:3/25(月) 20:06
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事