ここから本文です

「夫婦別姓選べず違憲」訴え棄却 サイボウズ社長「残念」

3/25(月) 20:30配信

ホウドウキョク

ホウドウキョク

ソフトウェア開発会社「サイボウズ」の社長らが、夫婦別姓を選べないのは憲法違反だと国を訴えた裁判で、東京地裁は訴えを退けた。

青野慶久社長は「訴訟をたくさんの人が注目していただいて、世論が動いたという手応えはある。判決としては残念だけど、次のアクションにつなげたい」と述べた。

サイボウズの青野慶久社長らは、日本人同士の結婚で姓が選べないのは、憲法に違反すると主張し、国にあわせて220万円を求めていた。

夫婦別姓をめぐっては、2015年に最高裁が夫婦別姓を認めない民法の規定は憲法に違反しないとの判断を示している。

25日の判決で、東京地裁は「現行法では個人が社会において使用する氏は、一つであることが予定されている」としたうえで、「夫婦別姓を認めないことは、憲法に違反しない」と判断し、訴えを退けた。

FNN

最終更新:3/25(月) 20:30
ホウドウキョク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事