ここから本文です

フェラーリF1、バーレーンGPに向け再びチーム名を変更。“ミッション・ウィノウ”が復活

3/25(月) 7:42配信

オートスポーツweb

 スクーデリア・フェラーリが、2019年F1バーレーンGP前に、再度チーム名の変更を行った。

【関連写真】2019年F1開幕戦オーストラリアGP 90周年記念仕様のフェラーリSF90

 当初2019年のエントリーリストにおいてフェラーリのチーム名は、スポンサーを務めるたばこ会社フィリップモリス・インターナショナルのプロジェクト名を加えた「スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ」と記載されていたが、開幕前に昨年までと同様の「スクーデリア・フェラーリ」に変更された。

 開幕戦を開催するオーストラリアの保健省が、たばこ広告禁止のなかで、フェラーリがフィリップモリスのプロジェクト名を使用することがたばこのPRにつながるとの懸念を示したことを受け、フェラーリはリスクを避けてオーストラリアではチーム名からもマシンやレーシングスーツからも「Mission Winnow(ミッション・ウィノウ)」のロゴを外した。

 オーストラリアGPでフェラーリは「ミッション・ウィノウ」のロゴの代わりに創立90周年記念ロゴを使用した。しかしフィリップモリスは、バーレーンGP以降は予定どおり「ミッション・ウィノウ」のロゴを使用すると明言していた。

 フェラーリは第2戦バーレーンに向けて、チーム名を再び「スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ」に戻すための手続きを行っていると先週報道され、その後、2019年F1エントリーリストにおいてチーム名が「スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ」に変更されたことが確認された。

 チーム名変更に伴い、マシンやレーシングスーツにも「ミッション・ウィノウ」のロゴが戻ってくるものと考えられる。

[オートスポーツweb ]

最終更新:3/25(月) 7:47
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事