ここから本文です

部員は1年生のみ、練習場所はテニスコート…「これは面白い」岩政氏が部活動指導員として現場復帰!

3/25(月) 18:56配信

ゲキサカ

 元日本代表DFの岩政大樹氏(37)が25日、自身のオフィシャルブログ(https://ameblo.jp/daiki-iwamasa/)を更新し、4月から文化学園杉並中学・高等学校の『部活動指導員』になることを明かした。

 岩政氏は「現場復帰」と題したブログで「引退をした数か月前。私は2年間続けてきた指導も一旦区切りをつけさせてもらいました。あれから数か月。4月よりまた指導の現場に立つことになりました」と報告。活動は「週2~3回」としている。

 同校は以前まで女子校で、今年度から共学になったばかりだという。そのため、サッカー部は1年生のみ。さらにグラウンドはテニスコートしかなく、普段使用できるのはテニスコート1面だけのようだ。

 岩政氏は「これを『面白い』と感じてしまったので、この先がどうなるかは分かりませんが、まずはやってみたいと思います」と、決断に至った経緯を説明している。

 そして「出会うことになった子どもたちと向き合って、彼らが少しでもサッカーが上手くなる。サッカーを通して人として成長する。そんな指導を目指します」と抱負を語った。

 岩政氏は東京学芸大から2004年に鹿島へ入団し、J1リーグ3連覇など数々のタイトル獲得に貢献。2014年にBECテロ・サーサナFC(タイ)、2015年にはJ2岡山へ移籍し、2017年から選手兼コーチとして東京ユナイテッドFC(関東1部)に所属していた。日本代表では2009年10月にデビューを果たし、2010年の南アフリカW杯も経験。国際Aマッチ通算8試合に出場している。東京ユナイテッドFCに在籍していた昨年10月に現役引退を発表していた。

最終更新:3/25(月) 18:58
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事