ここから本文です

内定者に「公開説教」 笠松競馬場「私の研修で何を聞いていましたか?」ツイートが賛否

3/26(火) 18:57配信

J-CASTニュース

 「あなたは私の研修で何を聞いていましたか?」。笠松競馬場(岐阜県羽島郡笠松町)が公式ツイッターで、春の新入職員というユーザーに「公開説教」をしたことが波紋を広げている。

 同ユーザーが「(笠松競馬場に)運良く引っ掛かりました」と投稿すると、「研修担当」を名乗る人物が「その表現は、あなたに期待して採用する側としては、いかがなものかと考えます」と返信するなど次々に苦言。競馬場側は取材に「事実確認を進めています」と話している。

■「『引っ掛けた』つもりはありません」

 発端は、あるツイッターユーザーの「来月から笠松競馬場職員になるので、皆様よろしくお願い致します」「運良く引っ掛かりましたので、色々とチャレンジしてみたいと思います!」という2019年3月23日の投稿に対し、笠松競馬場の公式アカウントが25日にこんなリプライを送ったことだ。

  「研修担当です。当方は、あたなたを『引っ掛けた』つもりはありません。その表現は、あなたに期待して採用する側としては、いかがなものかと考えます。4月1日にあなたの考えを採用担当者に説明してください。(ツイートは削除しないこと)」(カッコ含め原文ママ。以下同)

 これだけではない。同ユーザーの「頑張ります。それ以上に、皆様の意見もお待ちしております」という投稿に対しては、

  「研修担当です。パブリックにコメントを募りたいのならば、それに応じた手順と手続きが必須です。あなたのプライベートに対してコメントを募るのは、あなたの自由ですが、笠松競馬の業務上のことを(予定)職員である、あなたの個人アカウントをつかって意見を募るのは筋違いというものです」

と自覚を持つよう促す苦言。さらには「半年は仮採用なので下手なことは出来ないんですが、本採用になったら、はっちゃけたいと思ってます」という投稿に対しても、

  「研修担当です。現時点で、すでに『下手なこと』をやってしまっていることに気が付いてください。頑張る気持ちは受け入れますが、半年後に『はっちゃけ』の予告をされると、当方には警戒しかありません。4月1日に『はっちゃけ』とは何かを聞かせてくいださい」

と釘を刺した。

 このほかにも、「あなたは私の研修で何を聞いていましたか?ツイッターの個人アカウント上で公営競技に携わる公務員であることを世界に発信するリスクを、どよのうに考えているのですか?」とやはり指導の言葉を述べていた。

1/2ページ

最終更新:3/27(水) 12:42
J-CASTニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事