ここから本文です

『アベンジャーズ/エンドゲーム』上映時間は3時間2分!? MCU史上最長

3/26(火) 12:33配信

シネマトゥデイ

 4月26日に日米同時公開を控える映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』の上映時間は、3時間2分となったようだ。アメリカの大手映画館チェーンAMCシアターズの公式サイトに表示された。

【動画】ついにクライマックス!『アベンジャーズ/エンドゲーム』本予告編

 これまでで上映時間が最も長かったマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品は、昨年公開の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2時間30分)だったが、『エンドゲーム』でこれを大幅に更新することになった。なお、AMCはフライングで公式サイトに上映時間を上げてしまったようで、現在「3時間2分」という表記は削除されている。

 ディズニー及びマーベルは『エンドゲーム』の上映時間について公式な発表をしていないものの、監督のルッソ兄弟は先月、まだ編集作業中ではあるが「現状の上映時間は3時間」だとColliderに明かしていた。その際には「MCU22作品のクライマックスなのだから、語らなければならないことがたくさんある。僕たちにとって、感情というのがその中でも重要なもの。かなり複雑なストーリーと、キャラクターたちの感情的な瞬間を描かないといけないとなると、ある程度の時間は必要になる。今回は3時間の価値があると思う」とコメントしており、3時間超えになっているのは間違いなさそうだ。

 『エンドゲーム』は『アベンジャーズ』シリーズの完結編として、最凶最悪の敵サノスによって、アベンジャーズのメンバーを含む全宇宙の生命の半分が一瞬で滅ぼされてしまった後を描く。キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンス、ソー役のクリス・ヘムズワースなどアベンジャーズのメインを担ってきたキャストの多くが本作をもって出演契約満了となり、2008年公開の『アイアンマン』から始まったMCUは大きな区切りを迎える。(編集部・市川遥)

最終更新:3/26(火) 12:33
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事