ここから本文です

中島翔哉が先制ゴール 堂安ドリブルから南野がアシスト

3/26(火) 21:08配信

デイリースポーツ

 「国際親善試合、日本-ボリビア」(26日、ノエビアスタジアム神戸)

  日本は後半31分、途中出場のMF中島翔哉(アルドハイル)が待望の先制点を決めた。

【写真】しっかり右足を振りぬいてゴールを決めた中島

 22日のコロンビア戦からスタメン11人を総入れ替えで臨んだこの試合。2列目には右からMF宇佐美、香川、乾というロシアW杯組が名を連ねた。

 しかし前半、攻撃陣は不発。コロンビア戦はシュートまでいきながら決定力を欠いたが、この日はシュートにいく前の段階で攻撃が停滞した。

 森保監督は後半16分に宇佐美、乾に代えて堂安、中島を投入。23分には香川に代えて南野を入れたことで、2列目が若手に入れ替わった。

 そして31分に待望の先制ゴール。堂安から南野を経由して、最後は中島。途中出場の2列目トリオによる鮮やかな速攻だった。

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ