ここから本文です

フェデラー 快勝で2年ぶり16強入り、マイアミOP4度目V狙う<男子テニス>

3/26(火) 7:52配信

tennis365.net

マイアミ・オープン

男子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)は25日、シングルス3回戦が行われ、第4シードのR・フェデラー(スイス)が世界ランク103位のF・クライノビッチ(セルビア)を7-5, 6-3のストレートで破り、2017年以来2年ぶりのベスト16進出を果たした。

【フェデラー「あと数回優勝できたら」】

この試合、フェデラーは14本のサービスエースを決めるなどファーストサービスが入った時に74パーセントの確率でポイントを獲得。過去2連勝中のクライノビッチを1時間30分で振り切った。

2017年以来4度目のマイアミ・オープン優勝を狙う37歳のフェデラーは、8強入りをかけて、4回戦で第13シードのD・メドヴェデフ(ロシア)と世界ランク58位のR・オペルカ(アメリカ)の勝者と対戦する。

同日行われた3回戦では、第6シードのK・アンダーソン(南アフリカ)が勝利した一方、第24シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)は世界ランク77位のJ・トンプソン(オーストラリア)に敗れて姿を消した。

最終更新:3/26(火) 7:52
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事