ここから本文です

初の女子大会に五輪銀メダリストの参戦決定【4・6 QUINTET】

3/26(火) 15:44配信

TOKYO HEADLINE WEB

 桜庭和志がプロデューサーを務めるグラップリングの格闘技「QUINTET」の初の女子のみの大会となる「QUINTET FIGHT NIGHT3 in TOKYO Female Open Team Championship2019」(4月7日、東京・アリーナ立川立飛)の出場メンバーが3月25日、発表された。

 出場するのは湯浅麗歌子選手率いるTEAM BJJ KUNOICHI、山本美憂選手率いる TEAM Sun Chlorella、エディ・ブラボー率いるTEAM 10th Planet、そして佐伯繁代表率いるTEAM DEEP JEWELSの4チーム。

 TEAM BJJ KUNOICHIは昨年の「Amateur QUINTET.1」で優勝したメンバーを中心に構成。当時は先鋒と次鋒で相手5人を片付けてしまうなど、圧倒的な実力はもちろんなのだが、この試合形式を経験しているというアドバンテージもあることから不動の優勝候補となる。

「2.3QUINTET FN2」で英語版放送のコメンテーターとして来場し、スペシャルシングルマッチに出場した湯浅からQUINTET参戦を呼びかけられた山本美憂はレスリングベースの選手を中心にチームを結成。大晦日に総合格闘技デビューを果たし、3月のDEEP JEWELSでも勝利を収めたあい、大晦日に戦った長野美香、そしてアテネオリンピックレスリング63kg銀メダリストのサラ・マクマンという強豪が参戦する。残り1名は未定だが、こちらもまさかのビッグネームの登場も期待されるところだ。

「10th Planet」からはEBIやUFCで活躍する選手たちが参戦。エディ・ブラボーは「10Pの女子チームは優勝候補だろうし。俺が言ってるんだから間違いない」とその実力に太鼓判を押した。

 そして、日本の女子格闘技を牽引しているDEEP JEWELSからは前澤智、富松恵美、KINGレイナ、奈部ゆかり、青野ひかるの5選手が参戦。佐伯代表は「今回、日本の女子格闘技を代表するDEEP JEWELSが参加することになったのですがやるからには本気で挑みます。そのためにベストなチームを編成しました。美憂さん、湯浅さん、勝ったらDEEP JEWELSに出て下さい。負けたら僕が坊主になります。それとプロ格闘家とは何かをお見せします」とコメントした。

最終更新:3/26(火) 15:44
TOKYO HEADLINE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事