ここから本文です

メーガン妃はどうなる? キャサリン妃が産後7時間でスピード退院したワケ

3/26(火) 21:50配信

ELLEgirl

2018年4月23日(現地時間)に第3子となる男の子を無事に出産したキャサリン妃。当日の早朝に病院へ向かい、午前11時01分に出産すると、わずか7時間後の午後6時には赤ちゃんを連れてスピード退院! キャサリン妃はジョージ王子の出産から26時間、シャーロット王女の出産から10時間で退院しており、さらに記録更新とばかりに時間を短縮し、第3子の退院は産後7時間という異例の早さ。キャサリン妃の日帰り出産は、なぜ可能となるのか?

【写真】ウィリアム王子に連れられてジョージ王子&シャーロット王女が弟とご対面!

イギリスでは無痛分娩&日帰り出産が主流

まずイギリスの入院期間は、他国とまったく異なる。「ガーディアン」紙いわく、イギリス人の出産から退院までの入院期間は平均1日半で、先進国の中で最も短いと言われている。ちなみにアメリカの入院期間も2日と短く、最も長いのはウクライナの6.2日。日本も自然分娩で6日、帝王切開にいたっては10日なので、世界全体で見ると入院期間はかなり長め。ただ、イギリスでは産後の回復が早いという“無痛分娩”が主流であることがポイント。公式発表はないけれど、キャサリン妃が無痛分娩で出産した可能性は高そう。

マスコミ対策とほかの母子たちへの配慮

『ピープル』誌は、ロイヤルベビーに対するマスコミの過熱ぶりも指摘。病院のすぐそばから、シャッターチャンスを狙うパパラッチやファンの声援、中継するマスコミの声が聞こえてきたら、キャサリン妃もゆっくり休むことはできないはず。

『ピープル』誌は、ロイヤルベビーに対するマスコミの過熱ぶりも指摘。病院のすぐそばから、シャッターチャンスを狙うパパラッチやファンの声援、中継するマスコミの声が聞こえてきたら、キャサリン妃もゆっくり休むことはできないはず。

退院後も24時間体制のメディカルサポート

何よりも、ロイヤルファミリーの特権でもあるメディカルサポートが整っていることは大きい。ウィリアム王子とキャサリン妃は、ケンジントン宮殿に戻ってからも24時間体制のサポートを受けることができる。今回も、ジョージ王子&シャーロット王女を取り上げたガイ・ソープ=ビーストン医師とアラン・ファージング医師を中心とした20名のチームが、第3子の出産を担当。「デイリー・メール」紙によれば、ほかにも麻酔科医、小児科医、検査技師などの専門家がいて、バックアップ体制は万全だったとのこと。

それだけ多くのスタッフが関わっていればひと安心だけど、さすがのキャサリン妃も気疲れしてしまいそう。早々に退院して、自宅でゆっくりリラックスすることができるのであれば、そうするに越したことはないかも。

(Translation: Reiko Kuwabara From: Harper’s BAZAAR)

最終更新:3/26(火) 21:50
ELLEgirl

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事