ここから本文です

西部劇ではド定番!あの“豆料理”つくってみた【映画の料理Vol.44】

3/26(火) 19:40配信

dmenu映画

映画ファンなら誰もが胸を熱くするであろう作品を観ました。現在公開中のドキュメンタリー映画『サッドヒルを掘り返せ』です。

“サッドヒル”とは、マカロニ・ウェスタンの傑作『続・夕陽のガンマン』(1966年)のクライマックスで決闘が行われる墓地の名前。石畳の円形広場を5,000基もの墓標が囲む独特な形状のこの墓地は、本物ではなくスペインのブルゴス郊外に作られた広大なオープンセットです。

映画の撮影後、オープンセットは半世紀近くも放置されていたために土や草に厚くおおわれ、ただの荒れ地になっていました。『続・夕陽のガンマン』製作50周年を前に、「この荒れ地を掘り返して伝説のサッドヒル墓地を復活させよう!」と立ち上がった熱狂的ファンの奮闘と、彼らに起こった奇跡のような出来事の記録が『サッドヒルを掘り返せ』なのです。

これがファン心理ってもんだ!!

「ロケ地を掘り返して何の役に立つの?」「なんでそんな大変なことするの?」ときかれても、「何の役にも立たないけど、やりたいから」としか答えようのないこのファン心理、ものすごく共感できます。大好きな映画の世界に少しでも近づきたい、触れたい、つながりたい。映画のロケ地巡りや聖地巡礼が人気なのも、同じように感じている人がたくさんいるからでしょう。

実際、最初は4人で細々と始めたサッドヒル発掘ですが、あまりの大変さにSNSで協力者を募ると、熱いファンがスコップやクワをかついで(!)ヨーロッパ中から続々と集まってくるのです。

よく考えてみると、映画に出てくる料理を再現してみるという本コラムも、根っこのスピリットは彼らと同じ。映画の中のあの人が食べていたあれを自分も食べてみたい、という何の役にも立たないファン心理にほかなりません。

サッドヒル発掘に夢中になる人々を見て「同志!」と感激し、涙し、発奮した私は、「あなたたちが掘るなら、私は料理を作る!」と決意。『続・夕陽のガンマン』に出てくる豆のスープを作ることにしました(ずいぶんスケールダウンしますが)。

1/4ページ

最終更新:3/26(火) 19:40
dmenu映画

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事