ここから本文です

ミラン、バカヨコの買い取りを決断か…実現なら10年間で5人目のレアケースに

3/26(火) 18:10配信

GOAL

ミランは、今シーズン限りの期限付きで加入しているMFティエムエ・バカヨコを買い取る方針を固めていると、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が25日、報じている。

柴崎、宇佐美ら日本代表を支える美人奥様をチェック!サッカー選手の美人すぎる彼女・妻たち【26枚】

バカヨコは昨夏、チェルシーからミランへレンタル移籍を決断。加入直後はセリエAへの適応に苦しんだが、指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾの下で徐々に出場機会を増やすと試合ごとにパフォーマンスを上げ、ミランの中盤に欠かせない存在へと成長した。17日に行われたインテルとのミラノダービーでは、セリエA初ゴールも記録し、充実したシーズン後半を送る。

このためミランの首脳陣は、3500万ユーロ(約44億円)での買い取りオプションを行使し、24歳のフランス人MFの完全移籍を実現する意向を固めつつある。ミランは近年、買い取りオプションを行使しない例がほとんどとなっており、直近の10年間では、レンタル加入した24選手のうち20人が期限満了後に退団している。完全移籍を勝ち取った選手は、ズラタン・イブラヒモヴィッチ、マルコ・アメリア、クリスティアン・サパタ、ケヴィン・コンスタンのわずか4人で、完全移籍を勝ち取るバカヨコは5人目の選手になりそうだ。

シーズン序盤に相次いだ批判を闘志と決意に満ちたプレーで乗り越え、ロッソネーリのサポーターの心をつかんだバカヨコ。来シーズンもサンシーロで彼の躍動する姿を見ることができるのか、今後の動向は注目されるところだ。

最終更新:3/26(火) 18:10
GOAL

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事