ここから本文です

日本代表を救ったのは中島翔哉!森保ジャパン、ボリビアに大苦戦も背番号8の一発で勝利

3/26(火) 21:24配信

GOAL

日本代表は26日、ノエビアスタジアム神戸で行われるキリンチャレンジカップ2019でボリビア代表と対戦した。

柴崎、宇佐美らの超キレカワ奥様をチェック! サッカー選手の美人すぎる彼女・妻たち【26枚】

6月のコパ・アメリカ参戦へ向け、準備を進める森保ジャパン。22日に行われたコロンビア戦では0-1と敗れ、森保ジャパン発足後2敗目を喫した。3月ラウンド最後となる相手は、FIFAランキング60位のボリビア代表。森保一監督は前日会見で「基本的には総替えで戦う」と語った通り、コロンビア戦からは先発メンバーを11人変更した。ロシア・ワールドカップ以来初めて香川真司が先発出場。その他、初招集を受けた鎌田大地や橋本拳人もスタメン入りを果たし、乾貴士もスタートから出場することとなった。

試合序盤、日本はボールを保持しながら相手陣内へ押し込んでいく。3分には、左サイドに流れた宇佐美がシュートを放った。対するボリビアは、守備ブロックを組んで待ち構え、奪ってから素早い攻撃をねらう。

日本は15分過ぎまで最終ラインでは回せるものの、ボリビアのブロックに苦しみ、なかなかファイナルサードまでボールを運べない。それでも20分には敵陣深くまで運ぶことに成功すると、ゴール手前でFKを獲得。小林が直接狙ったが壁に阻まれた。23分には宇佐美のサイドチェンジから乾にわたり、得意のカットインからシュートを狙ったが、GKに弾かれている。

その後も日本はボールを保持するものの、スタメン11人変更の弊害からか連携ミスも目立ち、そして相手のブロックに阻まれてチャンスを作ることに苦労する。逆に40分過ぎにCKの流れからピンチを迎えたが、ヘッドは枠を外れて事なきを得た。結局、前半はスコアレスで折り返す。

後半序盤も前半と同じく、敵陣深くのタッチライン際までボールを運べるものの、チャンスには至らない。57分には間で受けた乾のパスから鎌田がボックス内で受けたが、GKの飛び出しにあった。

なかなか攻めきれない展開に、森保監督は61分に2枚替え。宇佐美と乾に代え、堂安と中島を投入する。さらに68分、香川と小林に代えて南野と柴崎をピッチに送り出した。しかし引いて守るボリビアを崩すには至らない。

だが、途中出場の2列目3人が一瞬のスキをついてゴールを奪った。75分、相手のミスを突いて堂安がセンターサークル付近でボールを拾ってカウンターを発動。南野へとつなぐと、最後は中島がコースを作ってシュートを突き刺した。苦しんだ日本だが、ついに先制点を手にする。

先制点を奪って勢いに乗る中島は78分、相手を次々にドリブルでかわすと、GKの位置を見てコースを突いたシュートを放つ。ここは惜しくもバーに阻まれた。

森保監督は83分、初先発となった鎌田に代えて鈴木を投入し、交代枠を使い切る。その後追加点は生まれなかったが失点は許さず。日本は1-0で勝利を挙げた。

■試合結果
日本 1-0 ボリビア

■得点者
日本:中島翔哉(75分)
ボリビア:なし

最終更新:3/26(火) 23:48
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事