ここから本文です

”バトエン”は禁止? 意外と厳しい小学校の文房具ルール

3/26(火) 10:50配信

LIMO

就学や進級を機に文房具類を揃えたり新調したりしますよね。しかし、子供に言われるままに鉛筆を購入したら、学校では使えなかったという経験はありませんか?  また、引っ越しに伴い新しい学校へ転校した場合、「前の小学校ではペンはOKだったのに、新しい学校では禁止されている」といったことも起きます。

入学前に行われる説明会で、文房具に関して学校側から「キャラクター系は禁止」と伝えられることもありますが、場合によってはもっと厳しいこともあるので注意が必要です。

そこで今回は、禁止ルールがある理由や禁止されることが多いアイテムをご紹介していきます。今どきの小学校事情を理解しておくと、文房具の新調で無駄なお金を使わなくてもすむはずです。

文房具のルールが厳しい理由は3つある

筆者の子供たちが通学しているのは公立小学校です。隣の学区ではキャラクター鉛筆は禁止、という話を聞いたことがあります。学校によって文房具のルールがある一方、先生個人の考えが反映される場合もあります。

子供たちの小学校でも、ある高学年の1クラスだけ担任の意向で赤青は鉛筆限定になっていて、噂は他学年の耳にも届いています。このように同じ小学校でも、文房具のルールもクラスで違っているのが現実です。近所のお母さんたちの話では、高学年になると「新しい先生になってから買う」と言う子どもも出てくるようです。

では、文房具のルールが厳しいのはなぜなのでしょうか。大きくは以下の3点があります。

 1. 授業に集中するため

玩具のような文房具品を持ち込むと、遊んでしまい授業に集中しなくなります。そういった原因を作る文房具を全面的に禁止することは多くの小学校で行われています。学校側は無難な筆箱、鉛筆を子供たちが使用するよう指導し、余計なものに意識が向かないよう対策しています。

 2. 盗難防止

盗難の危険性を高めるので文房具のルールを厳格化しているケースもあります。盗難は子供同士だけでなく親を巻き込んだ大きな問題になるので、最初からその芽をつぶす目的があるのです。トラブルを未然に防ぐためにも、ルールが厳しいのはやむを得ないと言えるでしょう。

 3. 経済格差

文房具は意外と値段差が大きく、家庭の経済力が表れやすい一面があります。学年が上がると子供たちも気がつくようになってきますし、「持てる子と持てない子」が分かれていくと、いじめなどの問題に発展しかねません。そういった無用のトラブルが起きないよう、ルールを決めて使用する文房具に差がでないよう配慮しているのです。

1/2ページ

最終更新:3/26(火) 20:25
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事