ここから本文です

2019年の新スターは誰だ キラリと光った12球団若手有望株は?

3/26(火) 7:20配信

Full-Count

オープン戦、各球団期待の若手はどうだった?

 プロ野球のオープン戦は24日に全日程終了。オープン戦では主力選手は個人成績を度外視して調整、若手選手は開幕1軍へのアピールの場となる。チームにとっては戦力の見極め、新戦術のお試しの場として活用している。

【写真集】広瀬すず似の美女も…福岡ドームを彩る球場の華、総勢33人の売り子美女ギャラリー

 そのため、各球団売り出し中の若手有望株がシーズンで戦力として機能するのかを試されるため多くの出場機会を得る。今回はそんな若手の中で特にいい成績を残した主な選手をピックアップし、成績を紹介する。

(カッコ内は球団名 成績は左から試合、安打、本塁打、打点、打率、出塁率、長打率、OPS)

○小園海斗内野手(広島)
15試合6安打2本塁打3打点 .231 .231 .500 OPS.731

 甲子園を沸かせた期待のドラ1ルーキーはここまでオープン戦で15試合に出場、2本塁打を放ち大器の予感を感じさせる。特に先日のヤクルト戦では自身の本塁打を皮切りに3者連続本塁打となるなど話題となった。正遊撃手・田中広輔の牙城を崩すのは難しいが、しっかり経験を積んでほしい。

○塩見泰隆外野手(ヤクルト)
17試合20安打2本塁打7打点 .385 .429 .596 OPS1.025

 ルーキーイヤーだった昨季は1軍で16試合、打率.040と苦しんだが、ファームでは打率.329と高打率を残し片鱗をみせていた。オープン戦では打率.385、OPS1.025と好調で、試合で12球団断トツトップの12盗塁を決めた。やや四球が少ないのが不安だが、層の厚い外野陣の中に割って入れるか。

○村上宗隆内野手(ヤクルト)
14試合12安打4本塁打12打点 .245 .315 .551 OPS.866

 17年のドラフト1位内野手は、昨季は主にファームでプレー。17本塁打を放つなどの活躍を見せ、シーズン終盤には1軍に昇格、初本塁打も放った。オープン戦では打率こそ.245だが、3位タイの4本塁打、OPS.866は立派な数字。開幕スタメンに向け強烈な印象を残した。

1/4ページ

最終更新:3/26(火) 8:21
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/23(火) 23:10

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい