ここから本文です

チョップ♪な感じでスピンショット エイミー・コガ

3/27(水) 5:01配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

「スピンショット」をレスキュー♪

【アマチュアゴルファーNさんの悩み】
「アプローチで狙ってスピンをかけることができません。イメージした通りにスピンをかけるには、どうすれば良いですか?」

【動画】チョップってどういうこと? 分かりやすく解説

【エイミー・コガのレスキュー回答】
イメージ通りボールにスピンをかけるのに一番重要な点は、フェースの溝を使えているかどうかです。ボールをクリーンにヒットさせ、フェースの溝を使うことでスピンは思い通りにかけることができます。

1. チョップのイメージで振る

私がスピンショットを打つ際は、アドレスでフェースをやや開き、打ち方はフェースでボールの横面をプロレス技のチョップ(手のひらを相手側に打ちつける打撃技。空手の手刀打ちと同じ)するようなイメージで振っています。

2. やや斜め上から入れるイメージ

ヘッド軌道のイメージは、多少ボールに対してカットに入れる感覚です。ヘッドを斜め上から入れていきますが、フェースにボールが乗る感覚=フェース溝を使う時間も必要ですので、極端に真上から入れるのはNGです。

3. スイングスピードを上げる

打ち方のイメージは、ダウンスイングで急激にスピードを上げていく感じです。体の軸は保ったまま、スイングスピードを上げて打てれば、思った通りのスピンショットが打てますよ♪

【今回のまとめ】チョップのイメージで振る

・やや斜め上からヘッドを入れる感覚。
・スイングスピードを上げる。

取材協力/オリエンタルゴルフ倶楽部

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事