ここから本文です

神谷浩史&井上和彦『夏目友人帳展』開催を祝福 生ニャンコ先生ボイス披露

3/27(水) 9:49配信

オリコン

 人気アニメ『夏目友人帳』の世界観を体験できる展覧会『アニメ 夏目友人帳展』が27日、東京・松屋銀座で開幕した。そのオープニングセレモニーが行われ、夏目役の神谷浩史、ニャンコ先生役の井上和彦がお祝いに駆けつけた。

【写真】夏目の部屋を再現!くつろぐニャンコ先生の姿も

 同展は、テレビアニメシリーズ・劇場版の制作資料をはじめ、劇中に登場した切り絵を使用した展示のほか、主人公・夏目貴志の部屋を再現したコーナーや、物語の中でも印象的な妖(あやかし)に名前を返すシーンを実際に体験するコーナーも。ニャンコ先生・斑や妖たちを近くで感じ、触れられる空間など、「夏目友人帳」の世界を体感できる。

 入り口にニャンコ先生が出迎えており、神谷がアニメでのその場面で気になる部分を話すと「気にするな!」と井上が生“ニャンコ先生”ボイスを披露して笑いを誘った。

 神谷と井上は音声ガイドを担当し、ファンをアニメの世界に引きずり込む。東京会場で4月9日まで開催され、その後、大阪、福岡、愛知、石川など全国巡回が予定されている。詳しくは公式サイトまで。

■展示内容の紹介(第1弾)
【四季の回廊】
アニメ『夏目友人帳』を四季ごとに振り返ることができる回廊。糸でつくられた神秘的な回廊の中で作品の世界を堪能できる。

【夏目友人帳 記録の間】
原作者・緑川ゆき複製原画、最新イラストを展示。 『月刊LaLa』の表紙や予告カット、劇場版やパッケージ特典イラストも。

【アニメ『夏目友人帳』の歩み】
2018年にテレビアニメ化10周年を迎えたアニメ『夏目友人帳』。作品のこれまでの歴史をご紹介

【『劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~』アニメーション制作資料】
劇場版の絵コンテ、アフレコ台本、アニメーション原画など、映画ができあがるまでの貴重な制作資料を展示。

【切り絵の世界】
『劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~』に登場した切り絵の実物を公開。さらに劇中の切り絵制作を担当した大橋忍氏による新たなニャンコ先生の切り絵も展示する。

最終更新:3/30(土) 7:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事